【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【200g未満の自作機ドローン】GoProやRuncam5などを搭載可能な機体構成を検討する!

200g以下、自作機ドローン

最近のマイブームとなりつつある【200g未満の自作機ドローン企画】です。

他にも注目されている方もいて、私自身もこのジャンルは日本では避けて通る事が出来ない事だと思っていて、早々に機体構成を決めたいと思っています。

ドローン規制となる200gを超えるのであれば5インチ機で飛ばせば良いので、ギリギリで可能な限りハイスペックな機体を構築する事を目指しています。

kinshi_mark_drone200g未満のドローンは規制対象外でも適応される法律がある!

今まで数機の機体を作ったり購入したりしましたので、更にどの辺りまでのパーツを選択可能かが解って来ましたので、今回は長く利用できる様にパーツを選定して行きたいと思います。

【200g未満の自作機ドローン】のパーツ構成!

前回の記事で「GoPro HERO7」でのフライト動画を公開していますが、やはりいざっていう時にはこのクラスのカメラで撮影をしたいです。

通常のフライトはRuncam5を想定として機体のパーツ構成を考えて行きます。

「DJI Mavic mini」と反対の位置付けとなる自作機ドローンを持って使い分けて行くイメージですね。

DJI Mavic Mini【200g未満】U199の空撮機「DJI Mavic Mini」販売!レビュー情報も続々と!

では、今回購入するパーツリストをご紹介します。

購入するパーツリスト

パーツ名 リンク 価格
MAMBA F405 Mini MK2 詳細 $39.99
Gemfan 75mm Ducted Props 詳細 $2.69
HGLRC Flame 1407 3600KV 3-4S
(価格は1個辺り)
詳細 $11.99
Realacc Martian IV 3 Inch 140mm 詳細 $18.93
Foxeer Micro Predator 4 詳細 $32.90
Runcam TX200U 詳細 $12.89
RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD 詳細 $99.99
RunCam 5 カメラマウント 詳細 $5.49

青色網掛けがドローン本体、黄色網掛けが軽量HD別体カメラのRuncam5関連です。

モーターは1408も所有中、カメラは600TVLも持っていますが1000TVLの方が断然見やすいので100TVLで行って見たいと思います、

また、バッテリーは650mAh4Sを利用予定で取り寄せ中という状況です。

まとめ

こちらの機体がうまく飛べば、まずはRunam5載せて飛ばして見ますね♪

GoPro HERO7 DroneGroPro HERO7をドローンに載せたら手ぶれ補正が最強でまるで映画のような映像!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です