【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【200g未満】U199の空撮機「DJI Mavic Mini」販売!レビュー情報も続々と!

DJI Mavic Mini

空撮機と言えば200g以上が前提で、飛ばすにも申請が必要だったりするケースが多くて購入するのを躊躇している方もかなり多く居るかと思います。

そんな中【200g未満】U199の空撮機「DJI Mavic Mini」が満を持して10月31日に販売開始となりました。GPS付きの2.7k撮影が可能な「DJI Mavic Mini」が販売開始となった事で今までのドローン界が大きく変化していくタームになったのだろうと思い、即座に注文をしておきました。

尚、「DJI Mavic Mini」は海外規制の対象外となる249gがベースとなっていますが、日本ではドローン規制の200g以上意識し、バッテリーの容量を小さくする事で199gに仕上げると言う徹底ぶりとなっています。

価格は単体で5万円を切り、Fly More コンボで6万円弱と価格も非常に魅力的です。

200g未満の空撮機「DJI Mavic Mini」はどんな仕上がりか?

DJI Mavic Miniの購入はこちらから

まずはDJIの公式YouTube動画からご紹介します。

U199で折り畳んだ際にはスマホと同じ程度のサイズ、重量となって居る為に持ち運びも簡単。そして撮影、編集も簡単とカメラで言えば「Insta360 go」を同じイメージが湧いて来ます。

これは相当売れるんじゃなかと言うか既に世界的に売れているのは間違いないでしょう。

記事を書いた時点では20-25営業日待ちとなっていますが、今度は納期が伸びる可能性もあるんじゃないかとも思っています。

「DJI Mavic Mini」のスペック

全てを記載するとかなりの量になりますので、まとを絞ってまとめておきます。

離陸重量  249 g / 199 g(日本)
サイズ 折りたたんだ状態:140×82×57 mm (L×W×H)
展開時:160×202×55 mm (L×W×H)
展開時(プロペラあり):245×290×55 mm (L×W×H)
最大飛行時間 30分(無風で14km/hの速度で飛行時に測定)
18分(日本向け)(無風で12km/hの速度で飛行時に測定)
伝送電力(EIRP) モデル MT1SS5
5.8 GHz:<30 dBm (FCC)、<28 dBm (SRRC)
モデル MT1SD25
2.4 GHz:<19 dBm (MIC(日本)/CE)
5.8 GHz:<14 dBm (CE)
GNSS GPS+GLONASS
ジンバル 3軸 チルト:-110° ~ 35°
ロール:-35° ~ 35°
パン:-20° ~ 20°
検知システム 下方 動作範囲:0.5~10 m
動画解像度 2.7K:2720×1530 25/30 p

上記の表に記載が漏れてしまいましたが日本版の飛行距離はwifiの兼ね合いで2kmという事です。

障害物検知は付いていなく、下方向の所謂オプティカルフローのみとなっていますので、プロペラガードがあるものの室内でのフライトは難しいかも知れません。

(moccaのブログを見て頂いている方であれば、室内は75mmくらいのHDフープ飛ばした方が遥かに良いと思いますがw)

その他の情報としては、操作については海外レビューを見てるとマニュアル操作が可能、また、画面についてもマップなどの表示オンオフが可能だと言う事が解っています。

尚、フライト時間はカタログ値18分ですが10〜13分程度が良いところなんじゃないかと思っています。

販売モデルは2つ「Mavic Mini単体」と「Mavic Mini Fly More コンボ」

DJI Mavic Mini

既にDJI機を所有して居る方であればお馴染みの構成ですが、私の様に初の空撮機を購入する方には馴染みのない内容だと思いますので、一応記載しておきます。

販売モデルは以下の2パターンです。

  1. 「Mavic Mini 単体」と言っても最低限のパーツ込み
  2. 「Mavic Mini Fly More コンボ」バッテリーやケースなどが付属
Mavic Mini Mavic Mini Fly More コンボ
価格 46,200円 59,400円
機体 1 1
送信機 1 1
バッテリー
(1100mAh)
1 3
プロペラ1 組(予備) 1 3
Micro USB ケーブル 1 2
ジンバル プロテクター 1 1
Micro USB コネクター
USB Type-C コネクター
Lightning コネクター
各1 各1
コントロールスティック1 組
ねじ *16
ねじ回し
1 1
360°プロペラガード 0 1
2WAY 充電ハブ 0 1
DJI 18W USB 充電器 0 1
キャリーバッグ 0 1

こうやって見てみると予備バッテリーやケースは必須アイテムなので、購入するなら「Mavic Mini Fly More コンボ」一択で良いかと思いました。勿論、moccaも「Mavic Mini Fly More コンボ」にて購入しました。

DJI CARE REFRESHで機体損傷の保証が可能!

DJI Mavic Mini

DJI Care Refreshは、お客様のDJI製品を効率的かつ包括的にお守りする保証プランです。衝突だけでなく水没により発生した故障にも適用されるため、DJIドローンのフライトを思う存分お楽しみいただけます。

DJI CARE REFRESHを購入する事で1年間に最大2回の製品交換サービスを受ける事でDJIの公式ページから購入出来ます。

尚、Amazonなどで購入した後でも一定の条件を満たせれば適応が可能ですのでご安心を♪

DJI CARE REFRESHの加入はこちらから

製品交換には機体が手元にある事が前提だったりしますので、加入前に条件などは一読しておきましょうね(๑˃̵ᴗ˂̵)

moccaは念の為に加入しておきました!

DJI Flyアプリで簡単動画編集!

DJI Mavic Mini

うんうん。「Insta360 Go」と同じ感じですねw

でも「DJI Flyアプリで簡単動画編集」って非常に重要なワードだと思います。mocca自身もドローンを飛ばして動画編集しますが、パッとあげてる動画に見えてる内容でも結構な時間が掛かっています。

それをスマホでタップして動画編集出来てYouTubeなどにアップできるならそれは素晴らしいの一言です。

それに動画編集にはセンスが必要なので、それを自動でやってくれるっていうのは嬉しいですね(moccaはあんまりセンスがないので…。楽したいですw)

Mavic Miniのクイックショット モード

Mavic Miniのクイックショット モード

moccaはドローンを全てマニュアルで操作する事しかしていなかったので、クイックショットがどれくらい便利なのかは解りませんが、ドロー二、サークル、ヘリックス、ロケットが利用可能です。

ロケットなんかはYouTubeの動画で良く目にする斜め上に上がっていくモードでしょうか?よく解っていないのでレビューして確かめます(。>﹏<)

既にレビュー動画もアップされています!

海外レビュアーだけかと思っていたら、日本でも既にレビューされている方もいるんですね!という事で解りやすいレビュー動画をご紹介♪

良く見てみるとちらっとあさきさんも出てるじゃないですかw

(まだお話した事がないので、そのうち何処かで。。)

「Mavic Mini」の登場でどうなるドローン規制

ここまでmoccaも欲しいので良い事ばっかり説明して来ましたが、相当売れるだろうからこそ気になるドローン規制。

所有者が増えれば何かしらが起こる可能性も確率的に上がる事でしょう。そうなれば日本におけるドローン規制にも変化があるかも知れません。

U199のジンバル、GPS付きの素晴らしいドローンの登場がドローン界隈に良い方向に進んで行く事を切に願います。

あ、Mavic Miniからドローンを始める方も居るかと思いますが、必ず傷害保険に加入しておきましょう!

また、以下の記事で200g未満のドローンにも適応される規制をまとめていますので読んでみ見てね♪

まとめ

Mavic Mini」を速攻でポチったmoccaですが、周りの方からはmoccaさんは飽きると思いますよ?wと言われつつも私の意思は硬く購入に至りました。

届き次第でレビューしますね!(๑˃̵ᴗ˂̵)b

(空撮機の記事ってあんまり書いた事なかったんですが、欲しいものであればちゃんと調べるものですね。。。w)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です