【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

HolyStone HS120D GPS搭載 カメラ付き 200g以下のドローン!

HolyStone HS120D

ホビードローンに興味を持つ事はほとんどないんですが、気になる機体があったので調べてみる序でに記事にしておきますね。

「HolyStone 」から販売されているギリギリ200g以下のGPS付きHDドローン「HS120D」でバッテリー込みで199gです。カメラは重量にカウントしなくてオッケーとメーカー側も良く調べているのが解ります。

Amazonでのレビュー数も467と非常に多く人気の高さが伺えますね。やっぱり200g以下というのがポイントでしょうか。

トイドローンも1機飛ばしたっきりだったので、どれくらい進化しているのかも気になってます。

HolyStone HS120D GPS搭載 カメラ付き 200g以下のドローン!

HolyStone HS120Dの仕様はどんなものか?

HolyStone HS120D

  1. 重量:198g(機体とバッテリー1個、カメラ装着しない)
  2. サイズ:270 x 270 x 120 mm操作距離:約300メートル(干渉なし、障害物なし)
  3. 操作高度:約120メートル(干渉なし、障害物なし)
  4. 飛行時間:約32分(バッテリー2個付き)機体バッテリー:7.4V 1200mAh送信機バッテリー:3.7V 300mAh(内蔵)機体充電時間:約120分送信機充電時間:約60
  5. 画像伝送方式:Wifi 2.4GHz
  6. 画像伝送可能距離:150m(干渉なし、障害物なし)
  7. カメラ調整角度:-75°~0ジンバルコントロール方式:送信機レンズ角度:120°
  8. 画素数:1920x1080p(SDカード側)、1280x720p(スマートフォン側)写真形式:JPEG
  9. 映像形式:AVI
  10. 操作モード:モード1/2自由転換可(デフォルトモードはモード2)
  11. 技適マーク:018-170233

実はwifiが5.4Gじゃないのか?と思っていたんですが、きちんと2.4Gでしたので国内での利用も問題ないですね。これでジンバル付いていたらコスパやばくない?と思ったんですが、そんな事はありませんでしたw

その他の機能も確認しておきましょう!

  1. フォローミーモード
    フォローミー機能が有効になっていると、機体はスマホのGPSに従い、どこに行ってもフォローします。(GPS&フォローミー機能は必ず室外でGPS信号を検索してください)
  2. スピード調整可能
    速度調整は可能で、低速から高速まで、自分の飛行腕を挑戦しましょう。
  3. ヘッドレスモード
    機体がどちらを向いても、ヘッドレスモード設定時の送信機を基準とし後退させれば自分の方へ、前進操作をすれば前方へ進みます。ドローンが離れすぎ、肉眼で機体向きが判らなくなった際でも機体の制御が容易です。
  4. ワンキー起動/着陸
    ワンボタンで起動/着陸できます。ワンキー着陸ボタンを押したままにすると、ドローンはだんだんに落下します。練習用、初心者でも簡単に操れます。
  5. ウェイポイントモード
    アプリケーションで希望の飛行ルートを描き、機体はあなたの指示に従い飛行します。機体は飛行中のフライト情報を機体が記録し、そのフライト情報に基づき、自動的にフライトします。
  6. 初心者モード
    初心者モードの場合、機体の飛行可能距離は30M、高度は30Mです。初心者モードを解除すると、機体の飛行距離と高度をお好きに調整できます(操作範囲内)。
  7. ワンキーリターン
    GPSスイッチがONの状態でRTHスイッチを押し上げると機体がRTHモードに入り、フライト制御システムにより機体が離陸ポイントまで戻るよう自動的に制御します。バッテリーの残量が不足、規定距離外、故障する時、帰還機能は自動的に起動されます。大切のドローンを紛失から守ります。
  8. カメラ角度調整可
    1080P 120°広角HDカメラ付き、75°撮影角度が調整でき、高画質の動画や写真を簡単に撮影することができます。素晴らしい空撮を楽しむことができます。
  9. 操作モード切替可能
    2つの操作モードが付いています。日本国内で一般的な右手スロットルモードはもちろん、左手スロットルモードの選択も可能です。慣れた操縦モードで思ったままのフライトは体験できます。
  10. 紛失の機体を探す
    機体はロストの場合、アプリの「GPS信号」を3回タップすると、機体の位置を地図上で確認でき、大切のドローンを紛失から守ります。

面白そうな機能はウェイポイントモード、ワンキーリターンとかは気になります。FPV真っしぐらだったのでGPS使った事ないんです(。>﹏<)

バッテリーは2個付属で合計で32分。つまりは1個辺り16分って事なんですね。いや、32分ってビックリしましたよw

バッテリは7.2v 1200mahで結構大きなバッテリー積んでるんですね。充電時間が120分と大変そうですね。もしこれ飛ばすなら8分くらいで良いので600mahくらいのバッテリーをコネクタ変更して利用したい感じもします。

おっと!カメラ角度をプロポ側で調整可能らしいです。これはトイドローンには聞いた事は無かった機能ですね!

フライト映像を見てみました

アングルモードでカメラが下向きについているイメージです。

使い方としてはある程度止まった状態で下向き撮影という感じに見えました。これが2万円でフライト時間16分、カメラ角度は手元で調整可能。

高いのか?安いのか?は解りませんがとにかく売れている様ですね。

これも150m以下なら飛ばして良いって事なんですよね?うん、、。

トイドローンて結構アングル強い感じの設定なんだと思うんですが、これは初心者が操作することを想定しての事なんでしょうか?

少し調整できると面白いのになぁと思います。

まとめ

HolyStone HS120Dを調べてみて、なるほどという感じでした。

DJIからSparkの新しいのが出ると聞いていますので、そちらも時間作って調べて見たいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です