【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FPVドローン|EACHINE&DIATONE ER349 3 InchにRPMフィルター導入!

FPVドローン|Eachine&Diatone ER349

今回はFPVドローンの「EACHINE&DIATONE ER349 3 Inch」にRPMフィルターを導入したのでご紹介したいと思います。

他のドローンでもESCがBlheli32であれば、導入方法は基本的に同じなので参考にしてね。

今日、少しフライトして見たんですが、ドローン自体も軽いので非常に良く飛びますね。ToothPickよりも重いドローンですが、それでも楽しくフライト出来ました。

尚、フライト動画は録画を失敗してしまったので、次回持ち越しとなりました(/´△`\)

まー、たまにはありますよね〜。。

FPVドローン|EACHINE&DIATONE ER349 3 Inch

FPVドローン|Eachine&Diatone ER349

EACHINE&DIATONE ER349 3 Inch FPV Racing RC Drone PNP RunCam Micro Swift 25A 800mW VTX

スペックやドローンの特性などは以下の記事を参考にどうぞ♪

FPVドローン|Eachine&Diatone ER349FPVドローン|EACHINE&DIATONE ER349 3 Inch をレビュー!

EACHINE&DIATONE ER349にRPMフィルターを導入(準備編)

RPMフィルターを導入するには、ESCのBlHeli_32のファームウェア確認と更新が必要です。私のドローンは「ESCのファームウェアが32.6」でしたので、32.7更新しました。

ついでにPWMフィルターは32kHzに変更です。

導入手順については以下の記事を参考にして下さい。(実はブログ作り直そうかと思って、立ち上げて記事書いてそのまま放置になってますw)

参考:FPVドローンフィルター設定|RPMフィルターの導入方法|ドローン倶楽部

FPVドロン| ER349にRPMフィルターを導入(導入編)

私が利用しているのは「BetaFlight Configurator: 10.6.0」「ファーム  4.1.2」「F4フライトコントローラー」です。

ちなみに最近YouTubeでも「BetaFlight Configurator」の解説動画をアップしていますので、BetaFlight良く解らないという方は参考にして貰えたらと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)b

参考:BetaFlight Configuratorの使い方(初心者向け)再生リスト

RPMフィルターを導入 BetaFlightの画面で解説

FPVドローン|RPMフィルター

まずが「基本設定」項目で「双方向Dshot」をオン。モーター極数はER349の場合には「12」へ設定します。

FPVドローン|RPMフィルター

システム設定で「ジャイロ演算周波数」「PIDループ演算周波数」を「4kHz」へ。

FPVドローン|RPMフィルター

CILで「tasks」と入力すると上記の画面に。

02のGYRO/PIDが「4000未満」になっている事を確認します。

FPVドローン|RPMフィルター

「モーター」項目で「E:100.00%」の表記があることを確認します。

FPVドローン|RPMフィルター FPVドローン|RPMフィルター

私は上記の様に設定して、10secくらいフライトしながらフィルターを調整して行きます。調整の際には0.1以上は一度に変更しないで下さい。

まとめ

これでFPVドローンの「EACHINE&DIATONE ER349 3 Inch」にRPMフィルターの導入が完了しました。本日フライトした感じでは1.3くらいまで調整しても問題ないかなぁという感じです。

ドローンのパーツ構成によってフィルターの設定値も変わりますので、くれぐれも同じ値だから大丈夫だとは思わずにモーターの温度を確認しながら調整してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »