【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

EmuFlight controllerとは?

EmuFlight controller

まず、Emuflight controllerとは?からとなりますが、マルチローラークラフトのフライトコントローラーソフトウェア(ファームウェア)となります。

EmuFlight controllerとは?

EmuFlight controllerの概要

Githubに書かれている内容では以下の通りです。簡単に言えばドローンのフライトコントローラーの設定制御用アプリで、BetaFlgihtなどと同様です。

EmuFlightは、マルチロータークラフトの飛行に使用されるフライトコントローラーソフトウェア(ファームウェア)です。このフォークは、飛行性能、革新的なフィルタリング、最先端の機能追加、幅広いターゲットサポートに焦点を当てている点で、Baseflight、Cleanflight、Betaflightと異なります。

フォークと書かれていますので開発プロジェクトが分岐しているという事になりますね。仮想通貨ではBitcoinからBitcoincashが派生しましたがそれと同じ様な感じですが、どちらが主流となるかは現時点では解らないという事になります。(一応、仮想通貨ブログ?なので…。)

開発などで利用される言葉ですが、今までの資産などのコードを利用して複製し、以降は独自のプロジェクトとして開発を進めていく事になります。

上記を頭の片隅に入れながら利用すると解り易いと思います。少なくとも記事を書いた時点ではBetaFlightとは全くの別物では無いという前提で進めて行きましょう。

EmuFlight controllerの特徴

EmuFlightには、次の機能があります。

  1. マルチカラーRGB LEDストリップのサポート(可変長のWS2811アドレス指定可能なRGBストリップを使用して、各LEDを異なる色にすることができます-方位インジケーター、低バッテリー警告、フライトモードステータス、初期化のトラブルシューティングなどに使用)
  2. DShot(150、300、600 1200)、マルチショット、及びワンショット(125及び42)モータプロトコルサポート
  3. ブラックボックスフライトレコーダーのロギング(オンボードフラッシュまたは装備されている場合は外部microSDカードへ)
  4. STM32 F7、F4、およびF3プロセッサーを使用するターゲットのサポート
  5. PWM、PPM、シリアル(SBus、SumH、SumD、Spektrum 1024/2048、XBusなど)フェイルセーフ検出付きRX接続
  6. 複数のテレメトリプロトコル(CSRF、FrSky、HoTTスマートポート、MSPなど)
  7. ADCを介してRSSI -、PWM RSSI信号を読み取るためにADCを使用
  8. サードパーティのOSDソフトウェア/ファームウェア/通信デバイスを必要としないOSDサポートと構成
  9. OLEDディスプレイ-バッテリー電圧/電流/ mAh、プロファイル、レートプロファイル、モード、バージョン、センサーなどの表示情報
  10. PID調整とレート調整
  11. Rate profilesの飛行中の選択
  12. シリアルRX、テレメトリ、ESCテレメトリ、MSP、GPS、OSD、ソナーなどの設定可能なシリアルポート-任意のポートでほとんどのデバイスを使用、ソフトシリアルを含む
  13. Unify ProおよびIRC TrampのVTXサポート
  14. 最新IMUFフィルタリング技術

ほぼ、BetaFlightですね。

Google翻訳で少し直したくらいなのでおかしな所があるかも知れません。詳しく知りたい方はgithubを参照して下さい。

EmuFlight Configuration Tool

EmuFlight controller

ソフト、アプリだと思って下さい。以下のサイトからダウンロードして利用します。

参考 EmuConfiguratorGitHub

皆さんの利用環境に合わせてダウンロードして下さい。GitHubを読む限りですがスタンドアローンの利用が推奨されています。要するにはChome版ではなく、PCインストール版の利用が推奨という事です。

EmuFlight Configurationが注目されている理由

良くわかりませんw BetaFlightじゃダメなんでしょうか?

ま、よくわかってませんが、今から実践して見ましょう!

EmuFlight controllerBETAFPV Meteor65にEmuFlight & PWMフィルター & Dshot300を導入してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »