【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【FPVゴーグル用DVR付きバッテリー】ImmersionRC PowerPlayをレビュー

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

一般的なFPVゴーグルのDVRはフレームレートが30fpsという事もあり、より良い映像を撮りたいと思い始めFPVゴーグル用DVR付きバッテリーの「ImmersionRC PowerPlay」をレビューしてみる事にしました。

こちらの商品は「FatShark Dominator Goggles」をターゲットとして作成されていて、そのDVR機能に不満を抱えている方が多い為、AVoutを利用して60fpsの映像を録画する事を可能しています。

また、単にDVR付きのバッテリーとしての用途の他にも、既に手持ちのゴーグルをFPVモニターとしてメンテナンス用にも利用可能なので、持っていても損はないアイテムになりそうです。

実際に利用していると、フライト後に画面を見ながら映像をチェック出来るところが一番のメリットだと感じたりしています。

MEMO

2020年1月5日にPowerPlayとFPVゴーグルとの比較映像を記事後半に追記しました。

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module
created by Rinker
ImmersionRC

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Moduleのスペック

電源関連 スイッチ式
インジゲーター有
バッテリー 付属:18500 1400mah(保護回路)
推奨:18500 2040mah
録画機能 h264 , 60fps
(fatshark Mpeg , 30fps)
PlayBack機能有り
720×576(PAL)、720×480(NTSC)
画面 LED液晶画面
充電機能 Type-Cにて充電可能

ImmersionRC PowerPlayの開封

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

いつも通り外箱からです!

思っていたよりも小さい箱で届きました。最近は「ImmersionRC」の製品を手にする機会が増えて来て、アンテナなども利用していたりしてます。

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

中身を取り出して見ました。

  1. PowerPlay DVR
  2. 2 x 18500 1400mAh Li-ionバッテリー(インストール済み)
  3. アップグレードとして推奨される大容量2040mAhセル。
  4. 1xヘッドストラップクリップ
  5. 1xオーバーヘッドストラップ
  6. 交換用ファンカバー取り付けキットx 1、ストラップクリップ付き
  7. ヘッドマウント用の短いDC / AV「Y」ケーブル1本(ファン電源を含む)
  8. ポケット用の長いDC / AV「Y」ケーブル1本(ファン電源を含む)

電源ケーブルにはファン用のバランスコネクタが付属しているのは良いですね。(Fatshark HDO2の方は不要ですが…。)

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

LED画面もそれなりに大きくウィッチ型のFPVモニターよりも見易いです。

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

サイド面にDCOut、MicroSDカードスロット、AVinがあります。

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

上の面にはスイッチ類、電源インジゲーターがあります。

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

裏面です。

USB Type-Cがあり、こちらから充電可能になっていました。便利っす!(๑˃̵ᴗ˂̵)b

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

電池は1400mah*2個が付属していますが、2時間程度の稼働との事なので2040mahに変更して3時間稼働環境へと変更した方が良いでしょう。

尚、元々の電池が保護回路付き(ぽっち付き)なので、Amazonで売っている2000mahでもボックス内を少しだけ加工すれば取り付け可能でした。

【日本製セル 単四x3本互換 KEEPPOWER 18500 / 2000mAh リチウムイオンバッテリー】 (ケース付) パナソニック製Cell+SEIKO製PCB(保護) 回路搭載 (2本組)
KEEPPOWER

ImmersionRC PowerPlayの初期設定

初期設定と言ってもそれほど多くの項目はありません。

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

電源を入れると日付設定画面になりますので、黒いジョグダイヤルを利用して合わせていきます。

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

続いて電源ボタンを短く押して設定画面へ。(あ、長押しで電源オン、オフです)

録画モードをマニュアルにするか、オートにするかの設定が可能です。またループ機能もありますので、録画出来てない!なんて事にもならない設計になっています♪

SDカードもフォーマットも可能ですので、必要に応じて利用しましょう。その他としてブザー設定も可能になっていました。

FPVゴーグルへの設置方法

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module

ポケットに入れる手もありますが、FPVゴーグルに装着も可能です。FPVゴーグルのヘッドストラップを変更すればサイドにも設置できそう♪

moccaは頭の横 or ポケットのどちらかで利用しますが、頭が重くなるのは嫌なのでポケット派になりそうな予感ですw

合わせて読みたい

上記のイメージで利用しているFPVゴーグルのレビュー記事はこちらです♪

FatShark Dominator HDO2【FPVゴーグル】FatShark Dominator HDO2をレビュー!

PowerPlayとFPVゴーグルのDVRとの比較映像

実際にPowerPlayとFatshark HDO2のDVRで撮影して比較してみました。

一見、どちらも変わらない様に見えますが、PowerPlayの方が動きの早い時やカーブなどの動きがある際にはスムースな映像に見えると思います。

FPVモニターの代替え品としての利用も可能

FPVゴーグルは皆さん持っていると思いますので、メンテナンス用のモニターとしても利用可能だと思います。特にウォッチ型のFPVモニターを購入しようか悩んでいる方は、こちらの方が良いんじゃないでしょうか。

まとめ

whooperな方で映像をアップする機会が多い方などには非常に面白いDVRモジュールだと思います。既に利用している方も増えていますので、今後はマストアイテムになるかも知れませんね♪

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVR Module
created by Rinker
ImmersionRC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »