【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【FatShark HDO】モバイルバッテリー稼働の利用環境&持運びのアンテナについて

FatShark HDO

【FatShark HDO】を使い始めて約2ヶ月が経過しました!

前回までは平たい顔族に対応する為のアイテムを購入してフィット感を改善していきました。

利用を続けていると、今までメインで利用していた「Eachine EV200D」よりもかなり軽いと実感出来ています。

でも、どうせならもっと軽くしたいと思い始め、現在はモバイルバッテリーを利用しバッテリー本体は上着やズボンのポケットに入れて運用する事で軽量化を実現し、首への負担も軽減されました。

ついでにバッテリー容量も増えたので電池切れ知らずです!

個人的にはかなり満足出来ましたので記事にする事にしました♪

また、先週WTWに参加したんですが、そこで皆さんが小さいアンテナを利用していましたので、そちらについてもご紹介したいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)b

【FatShark HDO】の使い心地を更に改善!

FatShark HDO

FatShark Dominator HDOをBanggoodで見てみる

FatShark Dominator HDOをAmazonで見てみる

モバイルバッテリーで利用する事で頭に付ける重量を軽量化

ドローンを落としてしまい拾いに行く時って皆さんゴーグルどうしてますか?moccaか映像を見て探す可能性も含めておでこに付けて拾いに行くんですが、バッテリーが頭についていると重くて次の日とか首が痛くなったりします。

そこでもっと軽く出来ないかと思い、モバイルバッテリーで運用しポケットに入れてしまえば良いじゃんって結論に至りました。

アイキャッチの画像にも設定していますが、こんな感じです。

FatShark HDO

あ、ちなみに「Furious True-DX」を購入して利用していますが、「Furious True-D」と比較してどうかというとまだそれほどの差を実感出来ていません…。映像を比較すると違うかもしれないので近々試してみますね。

少し話がそれましたので、元に戻し利用環境を紹介しますね♪

電圧昇圧ケーブルを利用しモバイルバッテリーの電圧を変える!

2 In 1 Lipo Battery Power Supply Charging Cable Wire for Fatshark FPV Goggles

現在利用しているのが「2 In 1 Lipo Battery Power Supply Charging Cable Wire」という商品で、「5V 2.1A」を「7.4V 2.0A」へ変えてくれる変換ケーブルです。(EV200Dは何故か稼働できなかったので注意して下さい。)

利用開始して1.5ヶ月程度が経過しましたが問題なく利用できています。価格も安いので取り敢えず購入して利用してみて貰いたいです。これ本当に便利です。

Amazonでも似たような商品「Qutaway 5v-9/12v USBブースターモジュール」などがありますので、そちらでも良いかもしれません。

Amazonで販売している物を利用する場合には購入時に9Vか12Vを選択しますが、Fatsharkで利用する場合には本体側は13Vまで対応していますので12Vでも問題ないです。

でも私が購入するとしたら9Vにすると思います。(ちょっと心配なのでw)

安いAnkerのモバイルバッテリーを活用!

Anker PowerCore 10000

Ankerのモバイルバッテリーは基本的には新しくなれば価格が上がりますので、結構前から販売されている「Anker PowerCore 10000(Amazon)」を購入して利用しています。

1000mAhなので、Li-ionと比較すると3倍近くの容量があり3時間くらい利用していてもバッテリーが切れる気配はありません(`ω´ )b

ちなみにLi-ionの場合には電圧の関係で直列で2S化しているので、純正のバッテリーボックスを利用している場合は3400mAh程度です。

WTWでアンテナについてアドバイスを貰いました!

2pcs Foxeer 5.8G Lollipop 3 2.5DBi Stubby Omni FPV Antenna LHCP/RHCP for RC Drone Airplane

先週のWTWでFatshark HDOを利用しサクッと飛ばす際のアンテナ利用についてアドバイスを頂きました。

映像を録画する事をメインとしない場合、moccaで言えばレビュー以外の時で室内で飛ばす時とかが該当します。皆さんで言えば普段利用で遠くまで飛ばさずに近場でサクッと飛ばす程度の時だと思います。

そんな時は「Lollipop 3 2.5DBi Stubby Omni FPV Antenna」などを利用すれば、受信機にアンテナを付けたままで入れる事が可能でとても便利と教えて貰いました。

アンテナが届いた際に追記したいと思いますがゴーグルの前を後ろを逆向きにする事で純正のケースに保管する事が可能でした。

一応、普段使いのアンテナは持ち運んでちょっとキツイな?って思う場合には付け替えているそうです。小さめのアンテナを利用している方も多くmoccaもアンテナについての考え方を変えてみる事にしました(๑˃̵ᴗ˂̵)v

ちなみに見せて頂いたいのは「Lollipop 2」でしたが、既にRHCPの在庫が無いので「Lollipop 3」を購入してみました。RHCP LHCPのどちらにするかはドローン本体側のアンテナの向きに合わせて下さいね!

まとめ

色々と手探りですが自分のスタイルに合わせて環境を整えています。

Fatshark HDOは一度利用してしまったらもう手放せません。それくらい素晴らしいゴーグルだと実感し始めました♪

合わせて読みたい

Fatshark HDOについては以下の記事に取りまとめてありますよ!

最高峰FPVゴーグル【FatShark HDO】完全レビュー!光が漏れも対策や他のFPVゴーグルとの比較も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です