【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Runcam5 12MP 56g Smallest 4K Cam】4kアクションカメラをレビュー!マニュアル日本語化も!

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

今回は3インチや5インチのドローンの搭載に最適そうな「Runcam5 」のレビューとなります。

先日の記事では自作の3インチのドローンにアクションカムを載せて飛ばしてみたんですが、もう少し軽いカメラでも飛ばしてみたいと思い、その直後に頼んでおいたカメラです♪

Runcam5の特徴としては56gとこの手のカメラの中ではとにかく軽いと言う事で取り敢えず使ってみる事にしました(๑˃̵ᴗ˂̵)b

尚、マニュアル日本語化も同時公開です!

マニュアル読んで入って解ったんですが、カメラの設定はアプリでQRコードを表示して写すと設定が完了する!めちゃ便利じゃん(๑˃̵ᴗ˂̵)b

【Runcam5 12MP 56g Smallest 4K Cam】レビュー!

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam
created by Rinker
Runcam

Runcam5の仕様!

Specifications:

Image Sensor SONY IMX 377 (12MP)
Video Resolution 4K@30fps / 2.7k@50fps / 1080P@120fps / 1080P@60fps / 1440P@60fps
Field of View (FOV) 145°
Video File Format MP4
TV Mode
NTSC (720*480) / PAL (720*576) Switchable
Communication Interface Micro USB
microSD Card supported Up to 128G
U3 recommended (2.7K50/1080P120 requires
U3 or above; other solutions require U1 or above)
WiFi Nonsupport
USB Power Input DC 5-15V
Battery Capacity 950mAh
Power Consumption Max 620mA @5V
Dimension
38*38*36mm
Net Weight 56g (with battery)

Features:

– High Performance FPV Video Recording.
– Faster Speed from Stretched Video.
– 56 Gram Lightweight.
– The Smallest 4K camera for your FPV Quads.
– Long battery life with 960mAh built-in battery.
– QR Code Setup Parameters.

Runcam5を開封!

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

そこ箱はいつ通りのRuncamロゴありです!

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

中身を取り出して見ました。

  1. Runcam5本体
  2. 英語、中国語の説明書
  3. マイクロUSBケーブル
  4. ストラップ2本

以上が同封されていました♪

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

付属のマニュアルは英語なので後日、自分用も兼ねて日本語化しておきたいと思いますw

そろそろ日本語も入れて欲しいですね(。-_-。)

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

前からのアングルです。

レンズは思っていたよりも大きく存在感がありますね〜。

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

今度はサイドから。こちらの5が書かれた蓋をスライドしてSDカードを挿入します。SDカードは128Gまで利用可能でした。

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

今度は上からです。長丸のボタンが電源スイッチ、録画スイッチ、設定スイッチを兼ねています。

詳細はマニュアル読まないと解りませんw

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

逆サイドからです。

マイクロUSBスロットがついていて、ここから充電やファームアップデートを行える様です!

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

最後に後ろからです。

「5」の文字が描かれていて、通気孔も兼ねていると言うなんともオシャレな仕上がりになっていました♪

マニュアルの日本語化!

ついでなのでマニュアルを日本語化しておきます!

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

充電

マイクロUSBポートはDC 5-15V電源をサポートし DC 5V 1〜2Aの充電器が推奨されます。充電中は赤色のLEDが点灯し、充電が完了すると消灯します。 約2時間で完全に充電されます。

低バッテリー警告

電源がオンのときに充電が25%未満の場合、青色のLEDが3秒間点滅し続けます。

電源のオン/オフ

緑色のLEDがオンの状態でシャッターボタンを長押しすると、カメラはスタンバイモードになっています。

モードスイッチ

シャッターボタンをダブルクリック、記録モード(緑色LED)、設定モード(青色LED)

録音のオン/オフ

録画モードで、シャッターボタンをクリックして開始します。

録音中、緑色のライトが点滅します。 録画中にシャッターボタンをクリックすると再び、記録が停止し、緑色のライトが点滅しなくなります。

パラメータ設定

RunCamアプリで設定(ふむwアプリなんですねo(`ω´ )o)

強制シャットダウン

シャッターボタンを同時に押してリセットボタン。

フォーマット

スタンバイモードでリセットボタンをトリプルクリック。長いビープ音が鳴り、緑色のLEDが3回点滅する。

リセット

スタンバイモードで リセットボタンを長押するとビープ音が3回鳴り、青色のLEDが3回点滅します。

MEMO

カードスロットの横にあるアイコンで示されているように、microSDカードを挿入します。ブランド名のメモリカード(別売)を使用する

  1. microSD、microSDHC、またはmicroSDXC
  2. U3推奨(2.7K50 / 1080P120U3以上が必要です。 他の解像度が必要ですU1以上)
  3. 最大128GBの容量

設定アプリはスマホアプリから!

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

参考 アプリダウンロードRuncam公式

上記のサイトを見てもらうと解りますが、スマホアプリからQRコードを表示してそれをカメラで読み取ります。便利な世の中になりましたね〜w

moccaはもともとRuncamのアプリを入れていたのでそのまま利用して見ました。

以下は実際の設定画面です。

RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam HD Recording 145 Degree NTSC/PAL 16:9/4:3 Switchable FPV Action Camera Bulit-in Battery for RC Racing Drone

少しだけ説明すると、「Distortion Collection」は歪みを補正する機能。

撮影モードに「1080p@60fps(XV)」みたいに「XV」がついているものがあります。これは何かと言うと、通常4:3のカメラで16:9の撮影をする時には4:3の映像の上下を切り取って16:9にするんですが、このモードは引き伸ばして16:9にします。

レビューを見てみると好みの問題もありそうなので、実際に利用して確認して見たいと思います!

まとめ

ザッとですがアクションカメラRuncam5のレビューです。

この手のカメラを利用してみたい方は、以下の記事などを参考に3インチ機を組み立てて見ては?(๑˃̵ᴗ˂̵)b

3インチ自作機【200g未満】自作3インチドローンにアクションカメラを積んでみた!
RunCam 5 12MP 56g Smallest 4K Cam
created by Rinker
Runcam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »