【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【BETA85XHD】Caddx設定&ブザー取付け&Betaflight設定をして飛ばす準備をしました!

Beta85X Whoop Quadcopter

「Beta85XHD Whoop Quadcopter」が届いてから一週間が経過しようとしていますが、ブザーの取付け&BetaFlightの設定が終わりました。

Caddx Turtle V2設定も含めてお伝えしたいと思います♪

【BETA85XHD】Caddx設定&ブザー取付け&Betaflight設定

ちょっと先に購入できる場所をご紹介。

セオリーとしてはBETAFPVから直接購入。Banggoodでは未販売。

残る方法はGeekBuyingでの購入ですがクーポン利用すると割引なのでBETAFPVよりも安く購入する事が出来ます。でも早く届けようとすると配送費が掛かっちゃうんですよね。

結局どちらで購入しても大差はないですのでこの機体に限ってはBETAFPVからの直接購入をオススメします。(moccaは配送爆速で中3営業日くらいでした。バッテリーを同時購入すると遅くなるので注意です。)

BETAFPVではギフトカード利用でいつでも5%オフに出来る事も忘れちゃ行けません。つまりは最安値で無料配送で爆速可能性、関連アイテムも購入可能です。プロペラだけはBETAFPVでは販売していないのでBanggoodなどで購入して下さいな。

あ、バッテリーもかw

BETA85XをGeekBuyingで見てみる

BETA85XをBETAFPVで見てみる

BETA85XをBanggoodで見てみる

プロペラはこちらから。

6 Pairs Emax AVAN Micro 2 Inch 4-blade RC Drone FPV Racing Propeller for 11XX 4500-6500KV Motor

【BETA85XHD】Caddx Turtle V2の設定

前回記事にも動画で紹介しましたが再度のご紹介。

基本的にはデフォルトですが、電源オンと同時に録画を開始にしてwidedynamicをオフにしました。(動画ではオート録画はオフにしています。)

この動画は意外と人気なんですね!もっとちゃんと説明入れておけば良かったですw

実はこの動画は少し工夫して録画しています。ゴーグルを利用しても良かったんですが画面で確認しながらにしたかったので以下のアイテムを利用しiPhoneの録画機能を利用して撮影しました。

Eachine ROTG01 Pro UVC OTG 5.8G

Eachine ROTG01 Pro UVC OTG 5.8G 150CH Full Channel FPV Receiver W/Audio For Android Smartphone

これでFPV出来るかって言われると少し遅延があるので難しいんですが、カメラ画像を見ながら何かしたい時にはメチャクチャ便利で最近は登場回数が増えています。

サイズも小さいので持ち運びも便利。安いしこちらはiPhone&Androidのどちらでも利用できるのでいざって時の為に持っていて損はないと思います♪

【BETA85XHD】buzzer取付け

ブザーの取付けは結果、以下の写真の様にフレームの後ろ側に配線を引いて取付け、アセットテープで止める様にしました。

BETA75Xを85mmフレームに載せ替えたのと同じ取付け場所です。

Beta85X Whoop Quadcopter

ブザーの配線はちょっと工夫しました。

Beta85X Whoop Quadcopter

 

  1. 5V:レシーバーの5Vを利用して裏面はレシーバーのまま:表面にブザープラスの配線
  2. GND:こちらはマイナスがスイッチになっていますのでBETAFPVの説明図通りに配線

Beta85X Whoop Quadcopter

ちょっと心配なのはレシーバーの5Vから配線を引き回したところですが基盤側ブザーの5Vは既にLED&カメラに利用されていて繋げるのに手こずりそうだったのでやめました。

う〜ん。ちょっと心配なんですけどね。暫く様子見します。

【BETA85XHD】BetaFlight設定

実はほぼデフォルトで、変更したのは以下の3点です。

  1. チャンネル設定:Frsky(AETR)
  2. バッテリー警告、最大、最小値の設定変更
  3. ブザー設定:4ch
  4. OSD設定:お好み

以下、具体的な変更点ですが写真はデフォルトのものを掲載しています。

①チャネルマップ

TAER → AETR

Beta85X Whoop Quadcopter

②バッテリーアラート設定

後で変更するかも知れませんが「最小電圧:3.3 → 3.1」「最大電圧:4.3 → 4.5」「警告電圧:3.5 → 3.3」としました。3Sバッテリーメインになったら元に戻すかも知れません。

Beta85X Whoop Quadcopter

③ブザー設定

初期設定ではブザーの設定がないのでAUX4に設定を追加しました。

Beta85X Whoop Quadcopter

どの時にブザーを鳴らすかの設定ができますのでお好みでチョイスして下さいな。moccaはRX_SETオン、RX_LOSTオンです。

④OSD設定

これだけでも十分なんですがアンペア表示を追加し、タイマー設定で「ON Time:0、TOTAL ARMED Time:3(3分で時計点滅)」へ変更しています。

後は DisARMを追加し「Mah Drawn」を削除しました。

Beta85X Whoop Quadcopter

まとめ

室内でのテストフィライトはOKでしたので、今週末は外でのテストフライトが出来そうです♪

moccaの持っているドローンでは高級機ですので久々にドキドキしてきました。いきなり壊さない様に気をつけますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です