【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

自宅Wi-Fi環境が離れた部屋だと繋がらない?無線LAN中継機でネットを快適に!

Wi-Fi無線LAN中継機

今回は自宅Wi-Fi環境の改善に取り組んでみました。

自宅で無線LANを利用していると部屋によっては電波が弱い事ってありませんか?実は私もその悩みを抱えていて、リビングではネットを快適に利用できるんですが、部屋に行くと電波が弱くってまともにネットが使えないという状況でした。

以前から無線LAN中継機がある事は知っていたんですが、調べて見ると価格も手頃なので試してみたところ劇的に改善しました!こんな事ならもっと早く購入して利用しておけばと良かったと思っていますので、皆さんにも共有しておきたいと思います(*’▽’*)b

Wi-Fi無線LAN中継機とは?

Wi-Fi無線LAN中継機とは、親機(無線LANルーター)の電波を拾って、離れたところにあるスマホやPCなどのネット機器へ電波中継してくれる周辺機器となります。

基本的にWi-Fi無線LAN中継機は、親機の様に有線LANとは接続しなく親機の電波を中継する機器となりますが、調べてみたところ有線LANを接続してネット環境を増やす機器も存在していました。

ただ、中継機として利用するのであれば有線LANの機能は不要なのでWi-Fi無線LAN中継機の単体機能の商品を購入すれば良いと思います。

Wi-Fi無線LAN中継機 TP-link RE300を購入して利用

Wi-Fi無線LAN中継機

今回は上記の図で右側の箇所が親機の無線LAN環境の範囲だったので、左側の環境をWi-Fi無線LAN中継機を利用してネット環境を拡大してみました。

Wi-Fi無線LAN中継機は色々な商品が販売されていますが、今回は値段も手頃な「TP-link RE300」を購入していますが、私は以下の点を注意して購入すればどの商品でも問題ないと思っています。

  1. ACアダプター一体型
  2. 2.4 GHz(300 Mbps) と 5 GHz (867 Mbps)の2つのバンドが利用可能

利用する環境にもよりますが、ACアダプターが別だと置く場所などにも悩むので利用していないコンセントを活用する為に一体型をチョイスしました。

Wi-Fi無線LAN中継機

商品は「TP-link RE300」とマニュアル類のみと非常にシンプルです。設定方法も非常に簡単でPCから指定のネットへアクセスし親機無線LANを選択後にパスワードでログインすれば設定完了。

後は好きなところへWi-Fi無線LAN中継機を設置すればOKです。

Wi-Fi無線LAN中継機

こちらが無線LAN中継機を増設した時の状態です。親機の電波はほぼ利用できない状態ですが、無線LAN中継機を設置した事で快適なネット環境を構築する事が出来ました。

まとめ

最近はテレワークなども増えていますので、自宅で快適なネット環境を必要とする方も増えているかと思います。ネット環境が良くないとストレスの元にもありますので、困っている方がいたら是非、無線LAN中継機を利用してみて下さいな♪

多分、どの商品もそんなに差はないんだと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »