【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

Runcam2が軽しお手軽でアクションカメラなどにも利用できそう!

Runcam2

最近Runcamの商品が気になって仕方ないんですが、ドローンのレビューする際に頭に付けて撮影ができそうなカメラを探して居たところ、Runcam2が良さそうだと思いGeekBuyingさんにお願いしました!

軽いしwifi経由でスマホからも操作できる。かつ、ドローン用商品も手がけているメーカーなので信頼できるんじゃないかって考えました。

色々調べてみるとサバゲーなどにも利用されているみたいですよ♪(´ε` )

さて、商品が届きましたので早速レビューしていきたいと思います。

RunCam2 1080P HD 120度4MP広角WiFi FPVカメラ

Runcam2をGeekbuyingで見てみる

これまた購入したから気がついたんですが、Runcam2ってドローン用のカメラでもあるんですね〜。wifiで映像も確認できますし少し大きめのドローンに乗せて撮影なども出来そうです。

でも、moccaはそのサイズのドローンを持って居ないのでもっぱら陸からの撮影になりそうですw

Runcam2の性能

RunCam-2-1080P-HD-120-Degree-Wide-Angle-WiFi-FPV-Camera

視野(FOV):FOV 120°
センサー分解能:4メガピクセル
ビデオ解像度:1920 * 1440 @ 30fps / 1080p @ 60fps / 720p @ 120fps
ビデオファイルフォーマット:MOV
テレビモード:NTSC / PAL切替可能
インタフェース:マイクロUSB
最大マイクロSDカードをサポート:64G(クラス6以上が必要)
画像反転(手動/自動):180°回転
寸法:66mm(L)×38mm(W)×21mm(H)
バッテリー容量:850 mAh
USB電源入力:DC 5V-17V
働く流れ:600 mA未満
重量:49g(バッテリー付き)/ 35g(バッテリーなし)

翻訳してるのでちょっと日本語が変ですが十分理解できるかと思いますw

35gってどうなんでしょ?ウェアラブルカメラとして販売されている商品だともう少し軽いかなぁって思いますが、Amazonで購入した商品はすぐに壊れちゃって良いイメージがないんですよね。

勿論、当たり外れがあるんでしょうけど。

という事でRuncam2を選択してみた訳ですね。ドローンに積むカメラ作ってるくらいだからやっぱり丈夫なんじゃない?って思ってます!

Runcam2の付属品など

RunCam-2-1080P-HD-120-Degree-Wide-Angle-WiFi-FPV-Camera

1 Xランカム2
1×マウント
1×1/4三脚アダプター
2 Xマジックテープとネクタイ
1×USBケーブル
1 Xサーボ – RCAアダプタケーブル
1×テレビ出力と電源ケーブル
1×バッテリー
1 Xマニュアル

マニュアルはサイトからダウンロードするタイプになっています。

必要な物は一通り揃っていますが、多様する方は予備バッテリーがあった方が良いかもですね!

RunCam-2-1080P-HD-120-Degree-Wide-Angle-WiFi-FPV-Camera

ちょっと変わった物としてはマジックテープ。裏面がビニールっぽい感じになっていてカメラが滑らずに固定できる様になっています。

これ色々と使えそうで単品で購入できないかなぁ。

三脚などのマウントも付いていますので、ある程度必要な物は揃っているので問題ないですね!

Runcam2での撮影映像

早速ですがRuncam2で撮影です。

前半はドローンを後半は手で持って撮ってみましたがとても綺麗ですね。60ドルでこのクオリティーは凄いと思っちゃいます。

コスパとしてはかなり良いんじゃないでしょうか。画角もワイドで広く撮影できます!

まとめ

moccaはドローンの商品レビューで利用したいと思います!軽いので帽子につけられるのはポイント高いです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です