【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

パラレルボートで1Sバッテリーのストレージやディスチャージ(放電)が可能!

1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

以前、「1SLipoや1SHvバッテリーがパラレルボードで充電出来る!?放電も可能か?」という記事を書きましたが、ようやくパラレルボードが届いたので試してみました。

結果、パラレルボードを利用すると1Sバッテリーのストレージやディスチャージ(放電)ができるので超便利!これなら1Sのドローンを飛ばそうかなぁって思える様になりました♪

2S以上の充電器とバッテリーの取り扱いに慣れてきてしまうと、1Sバッテリーは余った時やストレージモードにするのが面倒で躊躇っちゃう事が多くなってしまっていたんですが、これならフライトに行く際に息抜き用に1Sドローンを気軽に持ち歩く事が出来ると思ってます。

XT30 Plug 1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

XT30 Plug 1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board for IMAX B6 Balance Charger

XT30 Plug 1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

1S-3S Lipo Battery Parallel Charging Boardを開封しながら利用してみた!

1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

こちらが今回購入した「Lipo Battery Parallel Charging Board」で付属品は以下の通り。

1 X T30 1S-3S Plug Parallel Charging Board
1 X JST-PH 2.0 Connecting Cable
6 X T30 Male to JST Female Cable

とてもシンプルですねw。最大20Aまで対応していますが、moccaは現在の環境ではそんなに電流を流す事はありません!

1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

利用方法は簡単で、付属している「JST-PH 2.0 Connecting Cable」を上の写真の様にジャンパするのみ。これで1Sバッテリーを充放電可能になります。

1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

実際に「ISDT Q6 Lite」を利用してストレージモードで充電してみたところです。1Sなら最大で5個まで充放電可能ですよ。

ちなみにmoccaはドローンを飛ばす前の充電は「HTRC T240 DuoISDT Q6 Lite」を同時に利用すて一気に12個とか充電してます。

1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

ストレージモードでの充電が完了しました。う〜ん、めちゃ便利じゃないですか。

1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Board

バッテリーチェッカを利用して電圧確認。3.85vで充電しましたのでほぼあってますね。

今までは余ったバッテリーも部屋でブンブン飛ばしてましたから、このパレレルボードの存在をもっと早く知りたかったです(。>﹏<)

まとめ

1Sドローンから始めた方は、少し慣れて来たくらいで「複数セル対応の充電器+今回ご紹介したパラレルボード」を購入しちゃった方がバッテリー管理が楽だと思います。

それに何れ2Sバッテリーにも移行するのでしょうから、無駄にならないのもポイントですね。

尚、前回記事でご紹介した「Micro Parallel Battery Charging Board for Pico PH1S PH2S XH2S Type Battery」はマニュアルも読んでいない為か上手く行かず。

近々マニュアル読みながら試してみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です