【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

BETAFPV「300mAh 1S 30C Battery Upgraded」レビュー!

BETAFPV「300mAh 1S 30C Battery Upgraded」

最近、ようやくBETAFPVの方にもmoccaとして認識して貰えました!(良かった!)

早速ですは「300mAh 1S 30C Battery Upgraded」のサンプルを提供頂きましたのでレビューしますね♪

Old版と比較すると少しサイズが大きいのでバッテリーコネクタ(ピッグテール)の交換が必須になりますが、使い道にもよりますが個人的には持ってても良いと思います。レースなどでは物足りないというか重さがネックになるかもですが、moccaの様にお外でフープ派の方には十分じゃないかと思います。

BETAFPV「300mAh 1S 30C Battery Upgraded」

300mAh 1S 30C Battery Upgraded(BETAFPV)

Amazonにもあるんですが、もしかすると旧タイプかも知れません。聞いてみますね〜♪

300mAh 1S 30C Battery Upgradedのフライト時間は5分弱

65mm 0802モーターの機体で3.2vアラート設定では、旧タイプの300mah Hvが4分程度だったのに対し、Acroでのフライトでは4分半程度のフライトが可能でした。

どちらのバッテリーも新品で2本づつフライトしてみました。感想としては電圧が下がってきても比較的しっかりと飛ぶ事。

ただ、3.2v辺りに近くなると電圧降下が早い気がするので実用時には3.3v程度までにした方が良いかと思います。3.3vでも4分くらい飛ばせるので、旧タイプと比較すると結構良い感じなんじゃないかと思います。

但し、レース向きではないとは思いますので、あくまでも外で飛ばす方は2Sの1S*2個運用の方にオススメしたいです♪

まとめ

フライト練習用のバッテリーとしては飛ばす時間も長くなりますので良いんじゃないでしょうか。1S*2個積みのMobula7とかってバッテリーはフライト時間が長くなる方が良いと思いますので、そういう機体に向いているバッテリーだと感じています♪

合わせて読みたい

1Sバッテリーもストレージ電圧で保管したい場合にはパラレルボードを利用すると便利です♪

1S-3S Lipo Battery Upgrade Version Parallel Charging Boardパラレルボートで1Sバッテリーのストレージやディスチャージ(放電)が可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です