【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

マイクロフープにGPSを搭載してGSPレスキューを利用したい!

Beitian BN-880 Flight Control GPS Module Dual Module Compass

最近、色々と思う事があって、GPSレスキューを利用したいと思いGPSを購入して見ました。

まだ手元に届いたばかりで設定もしていないんですが、バインド切れになったりしたら位置情報を元に手元までドローンを戻してくれるというモードです。

85mmフープ辺りに搭載して試して見たいと思っています。

Beitian BN-880 Flight Control GPS Module Dual Module Compass

Beitian BN-880 Flight Control GPS Module Dual Module Compass

Beitian BN-880 Flight Control GPS Module Dual Module Compass

GPSレスキューが何で必要なのか?

凄く簡単に言うと好奇心と言う事もありますが、FPVドローンもそろそろGPSを搭載して飛ばす時期になってきているんじゃないか?と言う事です。

ToothPick機は軽量ですしCinePickなる機体も販売がされ始めているので、山などで飛ばした際にバインド切れになったら戻ってきて欲しいじゃないです?

後は5インチ機でも用途はある筈です。

使用に耐えうるものかどうかは別として取り敢えずやって見たいと思います。

Beitian BN-880の仕様

説明:
モデル:BN-880
電源:DC電圧2.8V〜6.0V、標準:3.3Vまたは5.0V
消費:キャプチャ50mA @ 5V
受信フォーマット:GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSSおよびSBAS
受信チャンネル:72検索チャンネル
受信感度:トレース-167dBm、キャプチャ-148dBm
ポジショニング時間:
コールドスタート:avg26s
ウォームスタート:avg25s
ホットスタート:avg3s
レベルポジショニング精度:2mでオープン風
出力周波数:1Hz-10Hz、デフォルト1Hz
速度精度:0.1 m / s(援助なし)
加速精度:0.1 m / s(援助なし)
動的特性:
最大高さ:18000m
最大速度:5153m / s
最大加速度:4G
UARTインターフェース:UARTポート:TXDAおよびRXDA
サポートレート:4800bpsから115200bps、デフォルト38400dps
動作温度:-40℃-+ 85℃
保存温度:-40 ℃-+ 85℃
サイズ:28mm x 28mm x 10mm
重量:10g
モジュールのピン:SDA、GND、TX、RX、VCC、SCL

機能:
GPSモジュール、デュアルモジュールコンパス
電子コンパスIC HMC5883L
1.25mm間隔で6ピンパッチシート

パッケージが含まれています:
1x BN-880 GPSモジュール
1x 15cmケーブル

GPSは何に搭載するのか?

ポートの問題で「Beta85X HD Whoop Quadcopter」辺りで利用して見たいと思います。4k持っている方はそれでも良いと思います。

1枚タイプのだとポートが足りないし、5インチでイキナリ試すのもちょっと怖いと言う感じです。

でも、GPSが利用できれば色々と出来る事が広がって楽しくなると思っています。

まとめ

やりたい事がたくさんありすぎて手が回っていませんが、少しづつ進めて行きますね♪

そういえばBETAFPVから「1Sの軽量フライトコントローラ」が販売されていて、そちらも気になっておりますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です