【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FPVドローンのVTXの出力や周波数が変更できない場合の対処方法!

betaflight4.0

事の発端は「Happymodel LavarX HD」を購入してフライトしようかと思ったんですが、VTXの出力や周波数が変更出来なく困った事から始まりました。

出力だけではなくってBandやchannelも同様に変更出来ません。

既製品を購入した場合に稀に発生する事象で、同様の製品はほぼ同じ事が起こるのではないかと思ってます。過去にもBETAFPVのドローンでも同じ様な事があったんですが、今回は簡単にVTXのスマートオーディオを直す方法を紹介したいと思います。

ドローンのVTXの周波数が変更できない場合の対処方法!

配線や設定誤りがなければ設定という事になりますが、今回のケースでは配線やポートなどの設定には問題はありませんでした。

BetaFlightのDump allのVTXの設定を確認してみる

私の経験からですが、出荷時のVTX周波数設定はF1の5740に設定されているケースがほとんどです。

Lavar Xの場合は以下の様になっていました。

set vtx_band = 5
set vtx_channel = 1
set vtx_power = 3
set vtx_low_power_disarm = OFF
set vtx_freq = 5658
set vtx_pit_mode_freq = 0
set vtx_halfduplex = ON

  1. Band = 5
  2. channel = 1
  3. power = 3
  4. freq = 5658

ん〜。「power = 3」?初めから25mwの出力ではなくって200mwになっているって事?でもモニターを利用してsmartaudioで確認すると25mwになっています。

オカシイですね〜。

多分ですが、powerの値がVTXの出力値と合っていないので、設定の変更を受け付けてくれないんでしょう。と私は考えました。

対処方法はBetaFlightの設定値を上書きする

対処方法はとても簡単で、BetaFlightのファームの設定情報を上書きしてしまいましょう。

例えば以下の様にCILで入力してセーブします。

set vtx_band = 4
set vtx_channel = 1
set vtx_power = 0
set vtx_freq = 5740

ポイントはbandとcnannelの設定値が周波数と一致している事、パワーがVTXの出荷時の状態と一致している事です。

私はこれで解決出来ました。

尚、今回のVTXは「Happyodel whoop VTX」ですので、サイトからマニュアルみてVTXの周波数マトリクス表を確認出来ます。

まとめ

困った時は冷静に仕組みを考えてみると解決出来るケースが多いです。

ちなみにBetaFlight 4.1以降ではVTXテーブルの事となりますので、今回の内容では解決出来ない場合もありますので、その辺りはまた記事にしたいと思います。

これでやっとLaverX HDをフライトする事が出来ます。こういうのはちゃんとメーカー側で対応しておいて欲しいですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »