【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【夜でも見えるFPVカメラ】CaddxやFoxeerなどでいくつか存在する!

Foxeer Cat 2MP 0.0001lux Low Latency Super Starlight Professional Night Flight FPV Camera

最近、「Foxeer Arrow Micro Pro」のCCDカメラを購入したんですが、昼間利用していると何だか見難いなぁと思って設定を色々と変更してみるとしっくり来なくって失敗した!と思っていたんですが、今日、驚きの出来事がありました。

たまたま部屋の電気を付けずにドローンにバッテリーを繋いだら、何と部屋の中が見えるじゃないですか!

それから調べてみるとCaddxやRuncamでも同じ様なカメラが存在していて暗闇での撮影映像も発見しました。

必要な方が居るかどうかは別として面白いカメラだと思います。それでは暗闇でも見えるFPVカメラをご紹介!

暗闇でも見えるFPVカメラをご紹介!

こちらの比較動画が解りやすいです。本当に綺麗に見えるのが凄いですね。

Foxeer Cat 2MP 0.0001lux Low Latency Super Starlight Professional Night Flight FPV Camera

Foxeer Cat 2MP 0.0001lux Low Latency Super Starlight Professional Night Flight FPV Camera

比較動画の中ではダントツ綺麗に見えているカメラですが、どうやら生産していないっぽいです。Banggoodでも残念ながら「SoldOut」になっていました。

Foxeer Arrow Micro Pro 1/3″ CCD 1.8mm M8 Lens 4:3 600TVL

Foxeer Arrow Micro Pro 1/3″ CCD 1.8mm M8 Lens 4:3 600TVL
created by Rinker
Foxeer

こちらはmoccaが購入したカメラで昼間は何だか微妙だと思ったところから発見したものです。でもレビュー動画を見てみると他の方は昼間も綺麗に映っているので私のが外れなのかもしれませんw。

と思っていたんですが、「Preset Mode」で色々と変更できる事が解り「USR」に切り替えてませんでしたw

ちゃんとマニュアル読めって話ですね。。もう別のカメラ買っちゃってそろそろ手元に届きますよ(。>﹏<)

夜中に外で撮影して見ましたが、部屋の中では白黒で普通に見えているんですが暗闇では流石に飛ばせるまでにはならずって感じです。多少明るいかな?というイメージですが、夕暮れくらいであれば普通に見えます。

目視よりは全然良く見える。

Caddx Ratel 1/1.8” Starlight HDR OSD 1200TVL NTSC/PAL 16:9/4:3

Caddx Ratel 1/1.8” Starlight HDR OSD 1200TVL NTSC/PAL 16:9/4:3
created by Rinker
Caddx

先に紹介したカメラの内の1つ「Caddx Ratel」です。

比較動画を見るとかなり明るいですが、飛ばすには明るすぎるかな?でも設定次第で丁度良い明るさに出来るんじゃないでしょうか。

フープにのせるつもりであれば、サイズとしては「Caddx Ratel」一択だと思います。と言ってもHDなどのカメラと同じサイズなので65とかに載せるとなると一工夫必要です。

RunCam Night Eagle 2 PRO 1/1.8″ CMOS 2.5mm 800TVL

RunCam Night Eagle 2 PRO 1/1.8″ CMOS 2.5mm 800TVL
created by Rinker
Runcam

3インチ以上であれば「RunCam Night Eagle」が本命に思えますが、カメラ幅が広いので要注意です。

nano、microの次のサイズですw

まとめ

何のカメラも何故か人気で良く売れている様です。という事は海外では夜に飛ばしたいニーズがあるっていう事なんでしょうね!

「Foxeer Arrow Micro Pro」は再設定したので、昼間でも綺麗に見えるカメラになる筈です!w

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »