ダニエルウィリントンの人気の秘密とは?

ダニエルウィリントン

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

moccaはダニエルウィリントンの腕時計が軽くてシンプルなのでお気に入り、3つの腕時計を持っていてその日の気分で使っています。

厚さがそこまで無いので大きさの割にはほど良い存在感、ベルトの付替えも可能なのでビジネス・カジュアルのどちらでも利用出来るところがお気に入りです(๑>◡<๑)b

ダニエルウィリントンとは?

ダニエルウィリントンの生い立ち

ダニエルウィリントン-1

2011年にフィリップ・タイサンダーが創業した腕時計のブランドで2014年に日本に上陸。

ダニエル・ウェリントン氏は、ヴィンテージのNATOバンドを腕時計のベルトとして付ける事を好んでいました。我々はそのセンスを気に入り、時計のデザインに組み込みたいと考えました。 文字盤には無駄な機能は取り入れず、ごくシンプルに仕上げることでとても薄く、かつエレガントなものにできると考案しました。カラフルなNATOバンドにも、上品なレザーバンドにも美しく調和するケースを作ろうと思ったのです。

参考:DW公式ホームページ

moccaは3年くらい前に購入しましたが、その当時はあっという間に広まり大人気のブランドで、他の人と被ってしまう事が多かった記憶がありまが、最近では少し人気も落ち着いてきたので、丁度よく利用できる感じでちょっとホッとしてますよ(笑)。

尚、女性用の比較的小さめのサイズから、男性用の大きめサイズ、28〜40cmと幅広いラインンラップがあるので男女どちらの方も使いやすい時計です(✿╹◡╹)

Classic40cm & Dappaer 38cmを利用しています

moccaはClassc40cm & Dapper 36cmのゴールドを持っていますが、意外や使用頻度はClasscの方が断然高いです(๑>◡<๑)b

(というか、Dapperはほとんど使ってません…。高くて勿体無いっていうか…。)

Classicの特徴はシンプルでとっても薄く腕に着けている時も全く気にならないです。moccaはこちらを愛用、ビジネスでもカジュアルでも大活躍!値段もそれなりなので、ダメになったら買い換えればいいやって感じで使っちゃってます(笑)。

つまりはシンプルなデザインでどんな洋服にも合わせられるのがClassc、プライベートにもビジネスでもOK、飽きもこないので長く使えていますよ。

Dappaerは文字盤にカレンダー、針がブルーでとってもお洒落な商品です。

Classicに比べると若干厚みがありますので、Classicと比較しちゃうと少し厚みを感じるかも知れないけど、Dappaerだけを購入するのであれば気にならないレベルだと思います(✿╹◡╹)

どっちかって言えばビジネスよりかな?ベルトを付け替えればカジュアルでも十分使えますが、使ってみて男性向きの商品なんだろうなぁって感じました。

(実はmoccaは日付直すのも面倒だったりします、だから使用頻度が低いのかも?(。>﹏<))

注意
文字盤が風防ガラスなので傷つきやすい為、鍵などと一緒にカバンにしまうと傷がつく可能性がある為に注意です!

まとめ

公式からも購入できますが、Amazonだとかなり安くなっているので今から購入する人はお手頃価格で手に入れられて羨ましいです!

ビジネスでの利用頻度が高い方は皮ベルト、カジュアルが多い方はナイロンベルトを使っみては如何でしょう?と言いつつmoccaは皮ベルトしか使ってません。

だって、ベルトも変えるの面倒なんだもん(笑)。

使い方は皆さん次第で色々な顔になれる時計がダニエルウィリントンの特徴だと思って貰えれば良いかな(๑>◡<๑)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です