【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

Final Cut Pro Xの使い方|Macの動画編集ソフトのファイナルカットプロとは?

Final Cut Proの使い方|Macの動画編集ソフトのファイナルカットプロとは?

今回の記事ではApple社から販売されているFinal Cut Pro Xの使い方を紹介したいと思います。

まずはFinal Cut Pro Xがどんなソフトなのかをご紹介して、その後に使い方について説明して行きますね。

と言っても超初心者なので、勉強しながら書きますね♪

Final Cut Pro Xの使い方|Macでの動画編集方法ファイナルカット入門編!

Apple社の動画編集ソフト「Final Cut Pro X」とは?

Final Cut Proの使い方|Macでの動画編集方法ファイナルカット入門編!

動画編集ソフト「Final Cut Pro X」は、Apple社から販売されているアプリケーションで、Macのみで利用する事ができ、価格が「36,800円」となります。

凄く簡単に言えば、MacにインストールされているiMoveの高機能版となります。私がiMoveの利用をやめて他の動画編集ソフトを利用する様になった理由はiMoveの機能制限があったからですが、その機能制限がなくなった高性能動画編集アプリケーションが「Final Cut Pro」だと思って貰えればと思います。

動画編集ソフト「Final Cut Pro X」の価格

動画編集ソフト「Final Cut Pro X」の価格は「36,800円」と一見高く思えますが、ライセンス料は買い切りです。競合となる「Adobe Premiere Pro」はサブスクリプションですので長い期間利用した場合には「Final Cut Pro X」のコストパフォーマンスが良い事となります。

プロが使うのは「Adobe Premiere Pro」という話も良く耳にしますが、ある程度の投資ができる型でもなければ「Final Cut Pro X」を利用して見て、それでも満足できないのであれば「Adobe PremierPro」も使ってみるという選択をすれば良いのではないかと考えています。

動画編集ソフト 価格 タイプ
Final Cut Pro X 36,800円(税込) 買い切り
Premiere Pro 5,680円/月(税込) サブスクリプション
Filmora9 8,980円(税込) 買い切り

Filmora9についてはこちらの記事を参考にどうぞ!

Filmora動画編集ソフト「Filmora(フィモーラ)」の有料版のすすめ。他の動画編集ソフトとのコスト比

実際に「Final Cut Pro X」を利用して見た感想

「Final Cut Pro X」はMacに最適化されているという事もあり、実際に利用して見たところでは低スペックのMacbookでも5分程度の動画編集であれば取り敢えずは動きました。

ただ、早送りなどするとカクカクするので、本気で編集したい方はもっと高スペックなMacを購入した方が良さそうです。(買い替え検討中)

MEMO

プロキシを利用しながらですが、現在のところFHDなら問題なく利用できています。ドローン関連の動画ですが、結果、それほどストレスはありません。

尚、記事掲載時点での私のMacbookのスペックは以下の通りです。

  1. MacBook (Retina, 12-inch, 2017)
  2. プロセッサ:1.2 GHz デュアルコアIntel Core m3
  3. メモリ:8 GB 1867 MHz LPDDR3
  4. グラフィック:Intel HD Graphics 615 1536 MB

「Final Cut Pro」は「iMove」からステップアップ出来る

Final Cut Proの使い方|Macの動画編集ソフトのファイナルカットプロとは?

「Final Cut Pro X」は「iMove」と使い方が似ている事やファイルを持ち越し出来る事から、簡単にステップアップする事が出来ました。

また、フリートライアルを利用すれば90日間無料で利用する事ができるので、まずは手持ちのMacで利用して見て、パフォーマンスを確認してから購入するかを決定できる点は非常に助かりました。

私のケースでは、今後、少し長めの動画編集をしてみた際にパフォーマンスに問題がある場合にはMacの買い替えや他の動画編集ツールの選択を検討して見たいと思います。

FCPXの関連記事

Final Cut Proの使い方|Macの動画編集ソフトのファイナルカットプロとは?Final Cut Pro Xの使い方|ファイナルカットプロの映像編集方法のまとめ!

FCPXの関連記事をまとめてありますので、参考にして貰えればと思います!

まとめ

Macを利用している方で、iMoveだと少し物足りない、もう少し編集の範囲を広げたいという方は「Final Cut Pro X」のフリートライアルから試して見たは如何でしょうか。

案外、普通に編集作業が可能かもしれません(๑˃̵ᴗ˂̵)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »