【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FPVドローン|Eachine US65 PRO 65mm 1-2S Brushless Whoopをレビュー!

Eachine US65PRO

個人的には凄く楽しみにしていた「Eachine US65PRO」をレビューしていきたいと思います。

多分、性能的にはそれほどビックリする内容じゃ無いと思うんですが、US65については凄く思い入れのあるドローンなので、US65 Proになったらどんな進化を遂げているんだろうとワクワクしています。

私のドローンに関する記事は、UR65とUS65があったからこそなので凄く考え深いです。きっと私と同じく色んな思いがある方も多いんじゃ無いでしょうか。

では中身を見ていきましょう!(相変わらずあんまり事前に調べてないw)

Eachine US65PROの全容を確認する!

Eachine US65PROの外観写真

Eachine US65PRO 65mm 1-2S Brushless Whoop

Eachine US65PROのスペック

確か以前に記事を書いた記憶があるので自分のサイトを調べてみましたw

Eachine US65 DE65 PRO 65mm 1-2S Brushless Whoopマイクロドローン|Eachine US65 DE65 PRO 65mm 1-2S Brushless Whoop

うんうん、やっぱり書いてました!

  1. Option1: CrazybeeX FR V1.0 built-in internal Frsky SPI D8/D16 receiver
  2. Eachine NX0802 KV14000 brushless motor
  3. Gemfan 1219-3 Propellers(4cw+4ccw)
  4. Caddx Ant 1200TVL Global WDR with OSD 2g Ultra Light Nano FPV Camera
  5. 5.8G 25mw 40ch vtx (Flight controller built-in)
  6. 1S 250mah 30C LiHV Battery*4
  7. Multi port LIPO/LIHV Battery Charger with 12V adapter
  8. Screw Driver
  9. Propeller disassemble tool
  10. Eachine Handbag

改めて見てみると、カメラはAnt 1200TVLなんですね〜。結構良さげじゃ無いですか!

モーターは0802 14000kvで、「Beta65X Whoop Quadcopter (2S)」と同じですので、これは期待できそうです。

宣伝するわけじゃ無いんですが、BETAFPVで私のYouTube動画が紹介されています。私個人はBETAFPVのファンなので、色々と書いまくっていつかはBETAFPVで!と思っていた夢も叶ったんですね〜。

詳細ページ:Beta65X Whoop Quadcopter (2S)

努力は報われるんですね!(たまたまかw)

Beta65X Whoop Quadcopter (2S)
created by Rinker
BETAFPV

ちょっと話がそれたので元に戻しますと、結構良い飛びするんじゃ無いかと言うか多分良く飛びますね。VTXが25mwなんで、私は内蔵レシーバーをチョイスしておきました。

65mmクラスのドローンを遠くまで飛ばすと、紛失リスク大なので内蔵レシーバーくらいがちょうど良いかと。

US65Proの外観チェック

Eachine US65PROのケース紹介

まずはUS65Proのケースからですが、何だかスベスベしたケースに変わっているじゃ無いですか!

Eachineさん!てっきり布的なケースだと思っておりましたよ!

Eachine US65PROのセット内容を紹介

そして、US65Proを箱から取り出してみました。

ちゃんと調べてなかっただけあって、まさかのACアダプター付きで驚きw

そして解ってはいましたが、バッテリーがGNBの新作。確か200個売れたらTattuの新作だかに変更になるって書いてあったので期待したんですが、早く手に入れたかったのでよしとしましょう。

Eachine US65PROの外観写真の紹介

こちらがUS65Proドローンの本体のドアップです。

このカラーリングがたまりませんね!いや、本当に懐かしいし、前のバージョンのフレームは直ぐに割れたので、今回はどうなんでしょ?

割れないと良いなと思いつつも、当時の私とはスキルも違うのでレビューフライトは大丈夫でしょ!と思ってます。(こう言う時に限ってクラッシュするんですよね。。)

脱線しまくりましたが、本体横から出ている針金みたいなのがVTXアンテナですね。

Eachine US65PROの後ろからの写真を紹介

FCは通常の菱形タイプなので、UZ65のフレームには載せられないですね〜。ペラ交換したかったんですが、そこはちょっと残念です。。

Eachine US65PRO

そして裏面からです。

このカラーリングが中途半端なところもUS65とそっくりですね。と言うか、まさかフレーム同じじゃ無いよね?(。>﹏<)

念のために手持ちを比較したら微妙に変わってましたのでちょっと安心!

Eachine US65PRO

そして計量です。

22.6gと超軽量ですね〜。これで飛ばない訳がない!

まとめ

ざっとですが、US65Proの外観ご紹介編でした。

今ならフラッシュセールやってみるみたいなので、US65育ちの方は、是非、一緒に楽しみましょう!

Eachine US65PRO 65mm 1-2S Brushless Whoop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »