これから始める仮想通貨!親友からポートフォリオ相談、どの様に組むべきか?

ポートフォリオ5

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

今回の記事はこれから仮想通貨を始める方の参考して貰えれば良いなと思って書きました(๑>◡<๑)b

2017年は仮想通貨元年と言われていましたよね。ビットコインを始めとした多くの仮想通貨が値上がりましました。

そして億万長者が続出しネットやニュースなどでも流れ、今まで投資をしていなかった人も仮想通貨に興味を持ち始めています。

moccaの親友もその内の一人、仮想通貨で億万長者を夢見てこの世界に飛び込む事を決意した様です。

注意
仮想通貨界隈では、出川組みと言われているコインチェックの出川さんのCMで仮想通貨を始めた人達です。勿論、親友は絶賛含み損中です(。>﹏<)

親友から仮想通貨のポートフォリオについて相談を受けました

moccaの親友は、年末にZaifとコインチェックに口座開設を申込み、現在は通知ハガキの到着待ち。そろそろ手元に届く頃で、何に投資をするのかを真剣に考えている最中です。

口座開設を申請する際には少し儲かれば良い程度だと思っていた様ですが、彼女は既に億万長者を目指している様に見受けられます。

あくまでmoccaが感じてるイメージですので、実際どう思っているのかは本人へ確認してみますね…。確認したところ、夢見る夢子ちゃんでした(;;>◡<;;)

出川組みである仮想通貨を始める親友のスペック

まず始めにこれから仮想通貨を始めようとしている彼女のスペックですが、仮想通貨は勿論の事ながら、株・投資信託・先物・FXなど全くやった事がなく、投資に関してはど素人です(/´△`\)

但し、moccaの親友は非常に真面目で勉強熱心、色々な情報を自分で見つけ勉強して実際に投資する前にかなりの知識を身につけた様です。

日々、相談を受けている訳ですが、有名どころのアルトコインの名前、価格帯などは把握し既にど素人から素人くらいまでには成長していると実感しています。

これから仮想通貨を始める方は口座開設後の本人確認に時間が掛かりそうなので、その期間で勉強すると良いと思いました。親友曰く、興味を持った時点からの価格の推移は把握できているとのことです。また、一般的な知識で例えばビットコインのハードフォークなどは知っていました。

てか、まだ2週間くらいなので、そのうち追いつかれそうです…。

注意
現時点では音信不通でもしかしたらmoccaの事を根に持っているかも知れません。この相場なら無理もないですよね(꒪⌓꒪)

親友が考えた仮想通貨のポートフォリオはこちら

そんな彼女は10万円を元手にビットフライヤーへの上場が噂されているLiskに一点張りを考えてた様ですが、考えを改めポートフォリオを構築する事にしています。

そして彼女が考えたポートフォリオはこちらです。

ポートフォリオ

今流行りのBitcoin外しですね〜。

これから仮想通貨を始める人にとってはビットコインは高くて手を出し難いという事が解りますね。うんうん。

注意
リライトした2018年3月15日では90万前後なのでだいぶ安くなりました。今ならビットコインしか進めません。その時の相場によって持つべき通貨は変わりますね(✿╹◡╹)

ポートフォリオを見直そう

問題点1:基軸通貨が含まれていない

これから仮想通貨を始める方にはビットコインは高いと感じるかも知れません。それでもmoccaはビットコイン主体のポートフォリオをオススメします。

ポイント
  • 仮想通貨の基軸通貨はあくまでもビットコイン
  • 海外の取引所ではビットコインでの取引が主体
  • 価格変動はあるけどビットコインは基軸通貨である為、突然無くなってしまうリスクは低い

つまりは仮想通貨では「円」が「ビットコイン」だと思ってもらえれば解りやすいかと思います。

物を買うのは円が必要だという事と同じ様に、仮想通貨でアルトコインを買う為にはビットコインが必要だと理解して貰えれば解りやすいですね(๑>◡<๑)

円をビットコインへ置き換えて考えて行きましょう。資産を増やす=ビットコインが増えているのか?と考える様に意識しましょうね。

問題点2:投資対象が多すぎます

親友は9種類もの仮想通貨に投資をしようとしていますが、mocca自身はICOで参加した以外で購入している仮想通貨は5種類程度です。

多くの種類の仮想通貨に投資してしまうと情報が追いきれなくなってしまい、特にアルトコインはリスク回避の為の利確などのタイミングが遅れ思わぬ損失を招くリスクが高まります。

ポイント
  • 投資対象は5〜6種類程度とし、情報が追いきれる程度
  • 基軸通貨であるビットコイン(BTC)を中心
  • 海外取引所での基軸通貨(以降、準基軸通貨とします)を組込む
    準基軸通貨:イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)
  • 匿名通貨を選ぶ場合には、規制に注意する
    最悪の場合、国内取引所では上場廃止になる事を理解しておく

 

2018年3月追記

2018年3月現在では、昨年のビットコイン高値250万円から大きく下げ90万円台をウロウロしています。この様な状況(特に下がっている相場)では、アルトコインを売り、ビットコインに戻す、その後フィアットに戻すという循環に陥りやすく為にもっと銘柄を絞る方が良いです。

また、仮想通貨バブルは一旦収束したと考えた場合、これから値が上がる通貨は実需を伴っている銘柄が上がる可能性が高いです。(ここでいう実需とは将来性のある銘柄です。)

注意
現在ではBCHは微妙な存在になりつつあります。BTCの送金詰まりなどの課題が再度謙虚化しない限り注目される事は少ないかも知れません。Neoなど時の流れにあった通貨を選択しましょう。

また、この記事ではある程度の長期保有とし、市場から退場しない事を前提としてお話ししています。

問題点3:ほぼ同一比率で構成されている

投資なのか?投機なのか?というところにも掛かってきますが、つまりはリスクが高すぎるという事です。

基本的にはリスクを抑え資産を増やす事を目的としてポートフォリオを組む訳ですから、アルトコインの比率は抑えるべきです。

とはいえ、最近はビットコインについても送金詰まりなどの問題が表面化したり、イーサリアム、ビットコインキャッシュへの期待も高まっている事から、ビットコイン、イーサリアムの比率を高め、その次辺りにビットコインキャッシュ(Neo etc)が続く程度が良いかと思っています。

ポイント
  • ビットコイン:30〜50%程度
  • イーサリアム:20〜40%程度
  • ビットコインキャッシュ:10〜20%程度
    参考 BTC:BCHの比率は1:1が望ましいと言われていますので皆さんの判断で調整下さい。
  • 残りを主要アルト:残り

例えば10万円であれば、以下の様な感じです。

ポートフォリオ1

基軸通貨・準基軸通貨7割、主要アルト3割の構成です。

例えば100万だとしたらリップルやネムは10万円程度になりますが、比率的には十分だと思いませんか?

MEMO

上記ポートフォリオの表示は以下のアプリを利用しています。

問題点4:エイダ(ADA)コインが含まれている

親友はADAについて長期保有というよりも値上がりを期待してという事でハイリスク・ハイリターンとして組込む予定でした。

ではcoinmarketcapで時価総額、ランキングなどを調べて行きましょう。

ポートフォリオ2

ポートフォリオ3

ポートフォリオ4

ポイントはいくつかありますが、ADAコインは時価総額ランキング5位、$240億です。もし、イーサリアムと同じ時価総額になったとしても約6倍です。(比較の為に他の通貨の時価総額が変わらなかったととして)

両方のコインを少し調べて貰えれば解りますが、ポイントはどちらの通貨が実用的でプロジェクトが進んでいるのか?実態の差はどれくらいなのか?という点です。

果たしてADAがイーサリアムに追いつく事が出来るのだろうか?

親友へその話をしたところ、ポートフォリオから外す事にしたと連絡がありました。

親友からの相談がきっかけではありましたが、ポートフォリオの組み方について記事にしてみました。

これから仮想通貨を始める方の参考になれば良いなと思っています。

まとめ

アルトや草コインには夢がありますが資産を増やす事を目的として投資をしている訳ですので、取れるリスクがどれくらいなのか?などもしっかりと意識した上で投資する事をオススメします。

間違っても生活費を掛けてまで、草コインに全力なんてしないでね(✿╹◡╹)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です