Fcoin取引所のFTトークンを購入しチキンレースに参加しました

Fcoinトークン

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

最近話題のFcoin取引所が取り扱っているFcoinトークンがチキンレースの形相。FTの保有数に応じて配当が貰えるという仕組みで先行者が有利な仕組みです。

良い子の皆さんは真似をしないで欲しいところですが、moccaはこういうのが好きなのでチキンレースに参加しました(笑)

Fcoin取引所のFT Tokenとは?

Fcoin取引所が発行している独自通貨がFT Token

Fcoinトークン

 

FTはFCoinによって発行されたトークンで収益の80%をホルダーに還元する事としています。

Fcoinトークン

総発行枚数の上限は100億枚、2018年6月11日時点での発行枚数は約3億枚となり、日々数千枚がホルダーへ配当として新規に割当てられています。

BNBが1700円程度、HTが550円程度なので現在の発行枚数からするとまだ上がりそうな気配ですが、2,000〜3,000万枚が日々発行されている事を踏まえると現在の価格60円程度が適正になる日も近いでしょう。

moccaは個人的に20億枚程度になった辺りが節目になると考えています。それ以降、この価格を維持する事は非常に困難になってくるでしょう。

FcoinのFT tokenの何処がチキンレースなのか?

昨年度、一世を風靡したビットコネクトを筆頭にしたレンディング関連コインを彷彿させます。

レンディング系のコインは実態が良く解らないという点があったので、Fcoinは少し違った内容ではありますが、高配当ですので所謂hypeと呼ばれる部類に近い存在だと認識しています。

つまり、Fcoinに投資した資金を出来るだけ早く回収する事を最優先とした方が良い案件だという事は間違いありません。

認識を間違え未来永劫この仕組みが続くを思った時点で負けが確定していると思った方が良いでしょう。原資を抜いてからが始めての手柄になる訳ですね。

結果、初期投資組が圧倒的に有利です(๑>◡<๑)b

それでも参加したい方は以下から開設すると一定期間手数料が無料(還元)されますので、リファ踏んで下さい(笑)。

Fcoinの開設はこちらから

注意
チキンレースとはmoccaの独断と偏見による意見ですので、新たな施策などで状況が変化する可能性も十分にあります。

こちらの記事を鵜呑みにして発生した損失などについては一切の責任を負い兼ねますのでご了承下さいませ。

FT Tokenの配当の仕組み

早速ですがFT Tokenを3ETH購入し約3000FTを保有中。

配当の仕組みは毎日1時間毎にスナップショットを取りFTトークンの保有数によって翌日に配当が支払われます。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。Googleの翻訳機能でも十分に理解する事が可能です。

Fcoin配当の仕組み

購入は6月10日の日付を跨ぎ価格が下がったところで拾ったのでmoccaの配当は11日の夜中辺りだと思われます。

配当は100万FT辺りの内容が記載されていますので、保有数に応じて割り込みをすれば皆さんの配当を予測する事が可能です。

尚、配当は1時間毎のスナップショットにより支払いされますので、どのタイミングで購入、売却しても結果は同じになると考えて問題ないと思います。

FTトークン保有による配当実績

6月12日の配当

Fcoinトークン

USDTのみで47ドル。悪くないすけどFTトークンが凄まじい勢いで増えていますので少し心配です。

つまりは配当が減る事に繋がりますので、現在の勢いだとFTトークンを10%程度増やさないと配当がヘルという事になります。

払い出しの配当でFTトークンを購入しても1%程度に止まりますので現在の価格もそう長くは持たないでしょう。

7月1日

結構下がりましたね。マイニングが進んでしまったので配当の旨味も減った事もあるかと思います。初期参加の方は相当儲けた事でしょうね…。羨ましい!

現在40円辺りをウロウロです。

Fcoinのニュース関連

7月1日 FTトークンがER20からZIPベースへ移行する事を公示

コミュニティユーザー様へ:

1. FCoin APPの開発の進展
当社は、基本的な取引機能をサポートする2018年7月7日より前に、最初のFCoin Appアンドロイド版をリリースする予定です。IOSバージョンは、アプリストアによってレビューされるとすぐにリリースされます。同時に、我々はAPPを素早く反復し、後のリリースでより多くの機能をサポートしてより良い経験を提供します。

2. FT外部撤退機能の開発の進展
関連する発表によれば、FTの初期段階はEthereum ERC20に基づいていた。今後は、ジッパー(ZIP)ネットワークに基づいて変更する予定です。時間は2019年の第1四半期に予定されています。FT Ethereum ERC20契約アドレスは  0xd37532d304214d588aeeac4c365e8f1d72e2304aです。外部アドレスへのFT撤退の機能は収益の分配を伴うため、外部アドレスで円滑に収益分配を実行できるようにするため、近い将来に関連する仕様を公表し、少なくとも1つまたは2つの独立した第3 – パーティーの財布。

3. FCoin
の正式版の開発の進展最近FCoin の驚異的な成長は、FCoinチームの元々の開発計画をある程度阻害しています。もともと、2018年6月末までに完成予定だったFCoinの正式版(基本的な技術のアップグレード、一連の経験の最適化、資産の透明度のページの更新などを含む)は、2018年7月まで延期されました。ウェブサイトの将来の発表の対象となります。コミュニティユーザーが理解して調整していることを願っています。

FCoinチーム

2018年7月1日

引用:Fcoin

ちょっとZIPが熱い!

6月11日 「手数料マイニング」返品時間調整のお知らせ

毎日の鉱業出力FT(ユーザー取引手数料の100%払戻しとFCoinのインセンティブプログラムの払い戻しを含む)の信頼性の低い返品時間のため、ユーザーには多くの問題が発生しています。2018年6月12日の0:00(GMT + 8、以下同じ)から、鉱業収入の復帰時間は、1時間に1回、24時間前の同じ時間間隔で採掘出力を返します。たとえば、特定の日の7:00〜8:00の間隔では、前日の7:00〜8:00の採鉱出力が返されます。

引用:Fcoin 注意:Googleの翻訳機能を利用

6月10日 新規通貨の取扱い開始アナウンス

FCoinオープンICX / ETH、OMG / ETH、ZIL / ETH取引ペア

2018年6月10日、Zilliqa(ZIL)を22:30(GMT + 8、以下同様)にリストアップし、FCoinのイノベーションゾーンでICX / ETH取引ペアを開きます。2018年6月10日23:00にOmiseGO(OMG)をリストアップし、FCoinの革新ゾーンでOMG / ETH取引ペアをオープンします。2018年6月10日23:30にICON(ICX)を掲載し、FCoinの革新ゾーンでZIL / ETH取引ペアをオープンします。

引用:Fcoin 注意:Googleの翻訳機能を利用

Fcoinを超える取引所coinpark

coinpark

現在Fcoinを超える可能性があると言われているのが「Coinprk取引所」です。手数料の100%を還元、且つ、Biboxから出資を受けている事でも注目されていますね。

Fcoinに乗り遅れてしまった方はcoinpark(コインパーク)に期待するのも面白いかも知れません。

moccaはFcoinで得た利益をCoinparkに入れる予定です。

CoinParkの口座開設はこちらから

coinpark

Coinparkの詳細は以下からどうぞ!

coinpark
Coinpark(コインパーク)取引所利益100%還元!Fcoin取引所に続け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です