【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone】をレビュー!1Sフープなので都心の方へオススメ可能か?

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF】が届きましたので早速レビューしていきます。

Banggoodさんご提供有難うございました!

この機体1SフープなのにMonula7に1Sバッテリーを積んだ時よりも快適に飛ぶと海外では評判となり、実は1Sとしてのポテンシャルは「Emax Tinyhawk」の方に軍杯が上がるって言われています。

また「Project MockingBird」の設定も可能ですので快適な空の旅が高確率で期待できると思われるフープです!

1Sですので都心に住んでいる方で2Sとか飛ばせない向けの方にオススメ出来る機体なんじゃないかと思ってのレビューです♪

合わせて読みたい

Bind、BetaFlight設定についてはこちらの記事を参考にどうぞ♪

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S【Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone】Bind & Betaflight設定!プロポ設定も含めて記事にしました!

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing DroneをBanggoodで見てみる

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Droneの仕様

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

75mmフープなんですが少し通常のドローンとは形状が異なりモーターが逆向きに付くフレームになってます。

重さは28.6gで65mmフープよりも若干重いんですが08025モーターが付属していますので期待はですそうです!

項目 仕様
メイン基板
フライトコントローラー:F4(MATEKF411ファームウェア)
ESC:4in 11 3A
受信機:EMAX Tiny受信機(Frsky D8モードに対応)
モーター
ステータ:8 mm x 2.5 mm(08025)
KV:15000kv
重量:2.5g
ベアリングサイズ:Φ1.5*Φ4* 2mm
シャフト直径:Φ1.5mm
プロペラ
直径:40ミリメートル
ブレード:3
ピッチ:23mm
重量:0.5グラム
カメラとVTX
VTX電源:25メガワット
チャンネル:37CH
カメラの特性:600TVL CMOS
電池
電圧:1s 4.35v HV
容量:450 mAh
放電定格:80c / 160c
ゴーグル(RTFのみ)
EMAXトランスポーターゴーグル仕様:
最大外観サイズ140×153×90(mm)
重量(電池なし)398g
解像度480×272
バッテリー1セル18650リポバッテリー
送信機(RTFのみ)
EMAX E6トランスミッタの仕様:
最大外観サイズ181×213×80(mm)
重量(電池なし)211g
チャンネル数6チャンネル
伝送周波数2.4GHz ISMバンド(2400MHz〜2483.5MHz)
出力電力22デシベル
変調GFSK
バッテリー1セル18650リポバッテリー

パッケージは以下を 含みます。

BNFバージョン:
1 x Tinyhawk FPVレーシングドローン
1 xカーボンファイバーを使用した軽量ソフトキャリーケース
1 x USB高電圧対応4ポートUSB充電器
1 x 1 s高電圧(HV)450 mahリポバッテリー

RTFバージョン:
1 x Tinyhawk FPVレーシングドローン
1 x軽量ソフトキャリーケース、カーボンファイバー製
1 x USB高電圧対応4ポートUSB充電器
1 x 1 s高電圧(HV)450 mahリポバッテリー
1 x FPVゴーグル
1 x送信機、充電ゴーグル、ラジオ用の1×USBケーブル
1×パーツバッグ
1×プラスドライバ
2 x 18650バッテリーは事前に取り付け済み
1予備のAVAN Tinyhawk 3ブレードプロペラをセットします。

BNFでは必要最低限、RTFではゴーグル、プロポが付属しています。プロポは技適ではないんですがJumper T8SG V2 PlusでBind可能ですので持っている方はBNFで十分です。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Droneを開封していきます!

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

綺麗なバックに入って届きました!好印象ですしこのまま持ち運び出来るのも嬉しいです♪

全て取り出して見ました。本体、バッテリー*1、ドライバー、パッキン、ネジ+バッテリー延長ケーブルが付属しています。(バッテリー延長ケーブルはイマイチ使い道が思いつきません。。)

正面から見たところです。フレームの輪っかの部分が逆向きになっていてモーターも逆向きに取り付けられています。今までにないタイプですのでどんな飛び方をするのか気になります。

カメラにはキャップがついていますね。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

後ろから見たところですが、USBが上向きについているのでBetaFlightの設定もお手軽です!水平キャリブレーションも簡単に出来ますね。

デフォルトで450mAhのバッテリーが1個付属しています。バッテリーの向きは横です!wびっくり。。。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

550mAhのバッテリーをセットしてみましたがピッタリです。実は550mAhのバッテリーが余っていたので嬉しい誤算です!

バッテリー込みで41.7gと結構な重さなんですが本当に快適に飛ぶのでしょうか?(それも含めて検証します!)

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

別途購入した予備フレームとプロペラ、1Sバッテリー2個積み用のホルダーです。

EMAX Tinyhawk 75mm FPV Racing Drone Spare Part Polypropylene Frame Kit

2 Pairs Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone Spare Part Turtle Mode Avan 40mm 4-Blade Propeller

TPU RC Drone Battery Support Fixing Mount for 2X Emax Tinyhawk 1S 250mAh Battery

尚、デフォルトのペラでは起き上がりが出来ないらしいので4枚ペラを購入して見ました。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

300mAhのバッテリーを2個積んで見ましたがちょっとキツイかな?450mAhや550mAhのバッテリーを持ってるのであれば敢えてこれを選択する必要はなさそうですね。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

ちなみにケーブルレスタイプのバッテリを利用する場合には本体側のケーブルの長さが短いので自作する必要があります。(サクッとハンダで所要時間は3分程度)

まとめ

開封してみたところでは【Emax Tinyhawk】は他のドローンとは形状がだいぶ異なっている事が解ってきましたね。

続いてBindやBetaFlight設定を進めてテストフライトを行いたいと思います!

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S【Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone】Bind & Betaflight設定!プロポ設定も含めて記事にしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です