【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone】Bind & Betaflight設定!プロポ設定も含めて記事にしました!

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

前回記事では【Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone】の開封までをご紹介しましたが、こちらの記事ではBindとBetaflightの設定を行い、テストフライトまでをご紹介して行きたいと思います。

実はBindに一苦労しまして1時間くらい掛かってしまいました…。(寝不足w)

合わせて読みたい

【Emax Tinyhawk】Bind & Betaflight & プロポ設定!

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing DroneをBanggoodで見てみる

「Emax Tinyhawk」のBind方法には少しコツがあります!

BetaFlightに接続してびっくりしたんですがEmax TinyhawkはSBUSの受信機になっていますのでBindする際にはUSBだとダメでバッテリーの接続が必要だったんですよね。

これに気がつかずに1時間くらい格闘してしまいました(汗

ではBind方法を説明して行きます♪

まず、Emax Tinyhawkは受信機がFrsky-D8モードなのでプロポ側の設定を間違えない様に注意して下さい。Jumper T8SG V2 Plusでのモデルデータは以下の様にします。

Jumper T8SG V2 Plus

プロポの詳細な設定についてはこちらの記事を参考にしてね。

Jumper T8SG V2 PlusマルチプロトコルなプロポのJumper T8SG V2 Plusが技適取得!設定方法も含めてポイントまとめました!

Emax Tinyhawkの本体側の裏面にBindボタンがありますので、「Bindボタンを押しながらバッテリーを接続」して下さい。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

緑のLEDが点灯するとBind待ち状態、LED点滅でBind完了です♪

「Emax Tinyhawk」のBetaFlight設定を確認します!

ポート設定は初期のままで問題ないですね。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

基本設定ではアーミングが45度となっていますので、起き上がり設定の為に「180」へ変更しておきましょう。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

電源・バッテリー設定は初期のままで問題なさそうです。(少しだけ変更して持って思いますが、まずはこのままで)

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

PID設定

む?YAWが少し低いですね。一度このままの設定で飛ばして見て後で変更しましょう。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

リラックス設定が入っていますので、PropWash対策がされているのでしょうか。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

受信機ではチャネルマップを変更しましょう。TAER → AETRにします。

Jumper T8SG V2 Plusの場合はスケールを125に変更しないと最大、最小値の値が1000 / 2000にならないです。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

モード設定はお好みで変更ですが初期状態でも問題ないですね。スイッチの割り当てを確認しましょうね。

Emax Tinyhawk Indoor FPV Racing Drone BNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S

室内テストフライトの結果

とてもパワフルに飛んでくれて1Sフープとは思えない飛びっぷりです。これは75mmフレームとそれに伴ったプロペラサイズの変更によるものだと思います。

ちょっと気になるのでOSDでアンペア計も追加しておきましょうw

まとめ

このままでも問題ないんですがやっぱりProjectMokingBirdV3の設定をしたくなりますので、次回記事では設定変更を行って行きたいと思います♪

2 COMMENTS

アバター 佐藤

こんにちは
初めまして
佐藤と申します。
ドローン始めようとして色々勉強してるところなのですが、わからない事が有りまして
もしわかれば教えて頂きたくコメントさせてもらいました。
Emax Tinyhawk屋内FPVレーシングドローンBNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S – BNF
を買いたいのですが、この機種(メーカー)のはVTXの系統図(開局申請は無理?)は手に入りませんか?
色々ネット見てみましたが、ここでしか扱ったサイトがなかったもので・・・
相談機関とかあればそれでも良いです。
ご返信メールにて宜しくお願い致します。

返信する
mocca mocca

佐藤さん>
コメント有難うございます。
VTXの系統図については、戸澤さんから購入するのが一番早いです。
こちらのVTX以外にも大体の物は購入可能ですのでお問い合わせしてみて下さいな♪

http://ja7cme.tonosama.jp/

ではでは!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です