BanggoodでEachine TRASHCAN 2Sフープの予約が始まりました!

BitFlyer&BitmexでBTCFX(ドテン君)を始めてみました

ドテン君

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

最近、仮想通貨界隈を賑わせているbotでのビットコインFXトレード、ドテン君(dotenkun)を始めてみました。ロジックは公開されていて期間18のチャネルブレイクです。

AKAGAMIさんがnoteで販売したドテン君を利用していますので、実際のトレード結果も含めてお伝え手していきたいと思います。

BTCFX自動売買トレードbot 「ドテン君 (AKAGAMI Ver.)(AKAGAMI LOUNGE 招待付き)」

ドテン君 (AKAGAMI Ver.)とは?

ドテン君

今回導入したのはAKAGAMIさんの「ドテン君 (AKAGAMI Ver.)(AKAGAMI LOUNGE 招待付き)」のBTCFX自動販売トレードbotです。

1日に数回スイングトレードを行い、ロジックは期間18のチャネルブレイク(AKAGAMIさんによりロジック公開済み)となります。

以前、為替のFXでMT4を利用していた事もあり、botトレードには興味がありましたが仕事が忙しく後回しになっていたので丁度良いタイミングでした。

5万円という価格設定でありながら約1,000人に売れるという大人気botです。

一時期は相場への影響なども含めてTwitterなどでもかなり騒がれていましたが、一旦は収束の方向へ向かっている様です。

ドテン君 (AKAGAMI Ver.)はAWSのcloud9環境を用意しました

moccaはAWSのclod9の環境を用意してbotを稼働させています。

AWS cloud9へアクセス

MEMO
アフィリリンクなどは無いので安心してアクセスして下さい(笑)

AKAGAMIさんのnoteでも紹介があった為に取っ付きやすかったという事もありますが、実際に利用してみるとIDEを1つのみで利用するのであれば初期1年間は無料枠で利用可能ですのでお財布にも優しいのでオススメです。

wordpressなどでも利用できますので、興味のある方はアカウントの登録をしてみては如何でしょうか(๑>◡<๑)

尚、AWSはビジネスでも利用していますが、たまーに落ちるとかって聞いていたんですが今のところ止まるなどの状況には遭遇していません。

合わせて読みたい

環境構築で戸惑ってしまった方はこちらの記事を参考にどうぞ

ドテン君-cloud9
BTCFX(ドテン君)をcloud9で始める環境構築の方法

ドテン君 (AKAGAMI Ver.)をBitFlyerとBitmexで稼働させています

ドテン君 (AKAGAMI Ver.)はbotはBitFlyerとBitmex対応となっている事もあり、2つの口座で稼働させていますが、どちらもメリットデメリットがあると実感しています。

  1. BitFlyer(国内取引所)
    注文が通らずに10〜30分後に通ったなどに情報もあり、mocca自身も遅れてエントリーする事などもありましたが、トレンドフォロー型のbotですのでさほど気になっていません。
    BitFlyerの口座開設はこちらから
  2. Bitmex(海外取引所)
    追証がないという事もあり少しだけレバレッジ高めで稼働しています。と言っても5〜6倍程度で稼働していますので個人的には低めの設定だと思っています。BadGetewayになる事も多く注文のタイミングで遭遇してしまうとエントリーポイントがズレるなどの問題もあると認識しています。
    Bitmexの口座開設はこちらから

悪い事ばかり書いてしまった気もしますが、短期トレードではない為に他のbotに比べたら影響は少ないと思っています。稼働させている方もスイングとれーどだという事を忘れずに。ですかね。

ドテン君 (AKAGAMI Ver.)の稼働実績など

ドテン君は2018年4月1日の夜中から稼働させました

Bitmex-dotenkun

AKAGAMIさんのnoteが4月1日に販売後の夕方に購入しセットアップしBitmexを先行して稼働させましたが、順調に資産が増加し0.4BTCから開始後、現在は0.94BTC辺りで2倍を突破しました(✿╹◡╹)

ちなみにBitflyer側も順調に資産が増えてある程度の利益が出ています。

Bitmexは少し心配なところもありますので、暫くしたらBitflyer側へ集約する予定です。

ドテン君 (AKAGAMI Ver.)に個人的に追加した機能

当時のverではLine通知機能が実装されていなかった事もあり、個人的に機能を追加してLineに通知しています。

現在価格、エントリーポイント、保有数などを20分程度で通知していますが、それなりに稼働の実績も出来てきましたので、そろそろ頻度を落とそうかなぁと思っています。

この程度の内容であれば多少の知識があれば設定できますよ。

まとめ

ドテン君の宣伝みたいになっちゃってますが、MT4の際にはレンジトレード+裁量を同時にしていたので大変な思いをしながらトレードしていましたが、ドテン君の場合にはどちらかというと環境面、コードの確認などを中心として時間を利用できるので個人的には購入して良かったと思っています。

売れすぎてどうか?との懸念もある様ですが、思っていたほど相場への影響もないですし、そもそも購入者全員がbotを稼働していないと思います。

体感的には200〜300人程度が良いところで実際にはもっと少ない人しか稼働していないかと。

では、ドテン君を使ってみた感想でした(✿╹◡╹)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です