BanggoodでEachine TRASHCAN 2Sフープの予約が始まりました!

BTCFX(ドテン君)をcloud9で始める環境構築の方法

ドテン君-cloud9

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

AKAGAMIさんが販売したbot(ドテン君(dotenkun))でのビットコインFXトレードを始めましたが、クラウドIDE(cloud9)での環境構築で四苦八苦している方が多いと思いましたので、Python3のセットアップまでを記事にしてみました。

こちらの記事通りに設定して貰えれば環境構築に関しては問題ありません。

AKAGAMIさんの「ドテン君 (AKAGAMI Ver.)(AKAGAMI LOUNGE 招待付き)」のBTCFX自動販売トレードbotって何?という方は、以下の記事を参考にどうぞ!

ドテン君
BitFlyer&BitmexでBTCFX(ドテン君)を始めてみました

「ドテン君 (AKAGAMI Ver.)」AWSアカウント作成とcloud9の環境構築

MEMO
当記事はdotenkunのみならず、「Python3」でbotを利用したい方に当てはまる内容です。

AWSのアカウントを作成

「ドテン君 (AKAGAMI Ver.)」をcloud9で稼動させる為には、まずはAWSのアカウントを作成するところから始まります。

  1. AWSのサイトへアクセスして「AWS cloud9の使用を開始する」を選択します
    ドテン君-cloud9
  2. 「Create a new AWS account」を選択します
    aws-cloud9
  3. 登録画面から必要な情報と記載していきますaws-cloud9
    MEMO
    AWSアカウント名はお好きな内容で大丈夫です

以降はAWSの公式サイトに進め方の詳細について記載がありますので、住所やクレジットカード番号などを登録し、電話番号の認証までを終わらせましょう。

AWS公式サイトの登録方法詳細ページへ

注意
AWSサポートプランは無料と有料がありますが無料で十分です。有料を選択しない様に注意しましょう

cloud9での環境を構築

  1. AWSのアカウント登録が終わると以下の画面へ移行しますので「Create evemvironment」を選択します
    aws-cloud9
  2. Nameに環境名を設定します
    aws-cloud9
    一目で何かが解る様にしておく方が良いと思いますので「dotenkun-test」などとして設定しましょう
  3. インスタンスは以下の画像の様に設定します
    aws-cloud9
    MEMO
    aws-cloud9
    「Cost-saving setting」は30分を選択した場合、画面をクローズして30分後に起動を停止する事になります。
    実際にbotを稼動する場合には「Never」を選択しましょう
  4. 確認画面が表示されたら「Create evemvironment」をクリックします
    aws-cloud9
  5. 以下の画面になったら暫くましましょう
  6. こちらの画面が表示されたらひとまずIDEの作成完了です
    aws-cloud9

続いて「dodenkun」の稼動環境「Python3」の設定をします

「dodenkun」の稼動環境「Python3」の設定

注意
既にIDEを作成してpipなどのinstallをした場合にエラー表示が出ている方は、上記に記載した「Create evemvironment」から始めて下さい。
特にpipのバージョンを上げた方はinstal出来ないなどの不都合が発生してしまいます。

cloud9の「Python」のバージョンを確認

cloud9には「Python2」&「Python3」がインストールされていますが、dotenkunは「Python3」で動作します。

環境構築で失敗する理由は「Python3」のパスが設定されていない為、pipなどのインストールパスが想定しなかったところへインストールされてしまう事で起こっています。

まずは、バージョンを確認しましょう。

cloud9-python

赤枠部分をターミナルと呼びますが、そこに以下のコマンドを入力ます。(「ec2-user:~/environment $」の後に入力しましょう。)

入力コード

以下の様に表示されていたらエンターを押します。

表示されているコード

すると以下の様に内容が表示され「Python2.7.13」がインストールされている事が解ります。

cloud9-python

続いてPython3」のバージョンを確認します。

「ec2-user:~/environment $」の後に以下コードを入力しエンターを押します。

入力コード

すると以下の様に表示されます

表示された内容

デフォルトで起動する「Python」を「Python3」へ変更します

以下の画像の様に選択していきます。

cloud9-python

注意
「PATH」変更については以下の項目へ続けて下さい

「PYTHONPATH」を必ず変更する

悪さをしているのはこの「PATH」になります。

コード

良くみてみると、インストールされているのは先に確認した通り「Python 3.6.2」でありましたが、パスに設定されているのは「python3.4」と「python3.5」です。

これが悪さをしている元凶ですので以下の様に修正します。

修正コード

これで正しいパスにインストールが出来る様になりました。

以降はAKAGAMIさんのnoteに沿って設定していけば大丈夫です。お疲れ様でした。

まとめ

購入した方は5万円を支払っていますので、皆さんが稼動できるになればと思っています。

 

今後はIDEを1つで複数botを起動する方法なども記事にして行きたいと思いますので乞うご期待を!

Bitmexの「ドテン君 (AKAGAMI Ver.)」稼動状況 2018年4月15日時点

bitmex ドテン君

前回記事にした時よりも資産が増加しました。

0.4BTCから開始後1.0BTCを超えBTC自体の価値も上がっている為に2重で美味しい状況です。今はBitFryerよりもBitmexで稼働した方が良いかとも思います。

Bitmexは以下のリンクから口座を開設すると半年間手数料が10%割引になります。紹介無しの場合は割引がありませんので注意です。

Bitmexの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です